【女性の転職】結婚・出産・キャリアを考えるならいつがベストタイミング?

こんにちは、ホワイト企業で人事の仕事をしているヘクシです。
私は女性人事として様々な企業で、女性が結婚・出産といったライフイベントと仕事を両立するために悩んでいる人をサポートしてきました。
そして、私自信も20代~30代に何回も転職を繰り返し、その度に色々な事を感じてきました。

女性が転職を考える時、プライベートと仕事のバランスで悩むでしょう。
結婚・出産・子育てとあらゆるライフイベントを考えた時に、転職をするならいつがベストなんだろう。
プライベートも、仕事でのキャリアも両方を考えるととても複雑ですよね。
実際、出産というイベントを控えた女性にとっての転職は、男性よりも難しいと言えます。

とは言っても、ライフイベントとは関係なく突然、転職したいと思う日が来るかもしれません。
人生は常に計画通りにいくわけではありません。
今回は、女性が転職する上で気を付けて欲しい事や、色々な選択肢を説明します。

目次

  1. 女性が転職できるかどうかは年齢で決まるって本当?
     ①企業が中途採用で女性を雇う際に気にする事って?
  2. 市場価値を知れば転職のベストタイミングが分かる
     ①自分の価値を知らないと転職活動をしても失敗する
     ②女性が利用するべき転職エージェントってどこ?
  3. 女性が転職するならベストタイミングっていつ?
     ①「結婚・出産・育児」を考えて転職
     ②「未経験の職種」にチャレンジする転職
     ③「キャリアアップ」を目指して転職
  4. 年齢別に見る転職のタイミング
     ①20代前半の女性の転職
     ②20代後半の女性の転職
     ③30代以降の女性の転職
  5. 実際に転職を繰り返して最終的に成功した話
     ①ホワイト企業に転職して収入・環境に満足
     ②転職が成功したからこそ分かる自由な働き方

女性が転職できるかどうかは年齢で決まるって本当?

女性が転職できるかどうかは年齢で決まるって本当?
これは本当です。厳密にいえば年齢は大きく影響はしますが、年齢だけで決まるという訳ではありません。
経験やスキルが同等レベルの2人が最終選考で残った場合は、年齢が低い方を採用するケースが多いです。
しかし、年齢は若ければ若い方がいいのか?と言えばそうではありません。

①企業が中途採用で女性を雇う際に気にする事って?

企業が女性を採用する際に一番気になる事は、どのくらいの期間働いてくれるかという事です。
中途採用後、すぐに結婚・妊娠・出産・育児となると、ほとんど仕事は出来ません。
そうなると他の社員の負担も増えてしまい、採用したメリットよりもデメリットの方が多くなってしまう事があります。そういったケースを懸念して、採用に躊躇してしまう事があります。

また、コンプライアンスの関係で、面接では「結婚や出産」についての質問は出来ません。そのため、結婚適齢期と言われる年齢で推測するしかないのです。結婚や出産の予定がない人であっても、年齢で判断されてしまう事もあります。

差別と思う人もいるかもしれませんが、現実問題としてあります。結婚や出産を悪いと言っている訳ではなく、企業として従業員の職場環境を守る義務があります。そういった休暇も想定して女性を採用する必要があるので仕方のない事です。

市場価値を知れば転職のベストタイミングが分かる

市場価値を知れば転職のベストタイミングが分かる

①自分の価値を知らないと転職活動をしても失敗する

転職市場において自分の価値を知る事はとても大切な事です。自分の価値というのは、転職活動において、どれだけの企業から求められているのか?という事です。
また、自分が希望する職種や給与などの条件で採用してもらえる可能性がどのくらいあるのかも知る必要があります。

もし、市場価値が高くないのであればそのままの状態で転職活動をしても、なかなかいい転職は出来ません。給与などの労働条件を妥協するか、職種を変えなければなりません。
もし、いい条件で転職したいと思うなら、自分市場価値を上げる必要があります。

実際に転職活動をすることで自分の市場価値を知る事は出来ますが、もっと効率よく市場価値を知り、足りない部分を知り補える方法があります。それが、転職エージェントです。参考:転職に有利なポータブルスキルを身に着けろ!転職先でも通用するスキルとは?

②女性が利用するべき転職エージェントってどこ?

転職エージェントは、【完全無料】で利用できる転職活動のサポートサービスです。プロのキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、実際に転職者の市場価値を導きだします。
市場価値を導くといっても、点数などで分かる訳ではありません。あなたが転職したいと思う条件をキャリアアドバイザーに伝え、その条件に合った求人を紹介してもらえます。
その際に、スキルや経験が足りなければ、正直に応募しても難しい事を教えてもらえます。そのアドバイスをもとに、何が足りなくてどう補う必要があるのかを知る事で市場価値を高める事が出来ます。参考:失敗しないための転職エージェントの選び方【経験談あり】

女性が転職するならベストタイミングっていつ?

女性が転職するならベストタイミングっていつ?

①「結婚・出産・育児」を考えて転職

結論から言うと、結婚・出産・育児の1~2年以上【前】がお勧めです。
なぜなら、企業によっては、入社後1年未満の従業員は育児休暇を取得できないと定められている場合があります。もし、出産前に転職を考えているならその点はよく注意をして転職をするべきと言えます。

一方、結婚・出産・育児が落ち着いてからの転職したいと思う方もいるでしょう。しかし、その場合は年齢も上がり、キャリアブランクもあるため正社員での再就職がより難しくなります。
もし、好条件で転職を希望するなら結婚・出産・育児の1年以上前に転職を完了し、転職先において周囲の方との信頼関係と実績を築いてからの方がいいと言えます。

②「未経験の職種」にチャレンジする転職

未経験の職種への転職を考えるなら、早ければ早い方が有利です。30代になるとさらに難しくなり、好条件での転職はほぼ無理でしょう。
「新しい事へのチャレンジは何歳になっても遅くない」という言葉をよく耳にしますが、それは仕事以外の話です。仕事でお給料をもらう従業員となると話は別です。
今後新しい事へチャレンジをしたいと考えているなら、迷っている時間はありません。今すぐに行動するべきです。

③「キャリアアップ」を目指して転職

キャリアアップを目的として転職する場合は、今の会社でどの程度の実績があるかどうかで決まります。そして、転職をする際に一番気を付けて欲しい事は、「妥協するポイント」です。
将来を見据え、確実に昇給幅やキャリアップの可能性があると分かっている場合は、一時的に年収が下がっても転職をするべきです。しかし、今の職場に不満があり早く転職したいなどの理由で希望条件を妥協して転職する事は絶対にしないでください。
キャリアップを目的とした転職の場合は、今よりも上のポジションや年収、労働条件、可能性、裁量などが確実な企業に転職しなければなりません。

年齢別に見る転職のタイミング

年齢別に見る転職のタイミング

①20代前半の女性の転職

第二新卒や若年層を欲しがる企業はとても多いです。20代前半なら可能性は無限にあります。
新卒で入社して確実に自分に合わないと思った場合や、やりたい事が見つかった場合は思い切って転職した方が良いでしょう。
しかし、1年未満で退職する場合は、「忍耐力がない」と判断されてしまう危険があるので早すぎる退職は中地が必要です。参考:転職して1週間ですぐ辞めたくなったら

②20代後半の女性の転職

この年齢は、転職適齢期と言えます。もちろん、結婚・出産・育児などを懸念する企業も多く年齢ではありますが、仕事のキャリア的には社会ルールも分かっている年齢でもあるため転職するにはベストです。
そして、未経験の職種へのチャレンジを希望するならラストタイミングと言えるでしょう。
どちらにしても、転職するなら今がチャンスだと言えます。迷わず行動しましょう。

③30代以降の女性の転職

30代以降の転職は、経験とスキルが必要になります。また、マネジメント力も必要です。
中途で採用する場合は、即戦力になるかどうかが鍵となってきます。入社してすぐに結果を出す事を求められますし、それが出来ないと判断されれば好条件での転職は難しいです。
30代以降の転職を考えているなら、20代でしっかりとキャリアを積み、専門的な知識を付けてください。
逆に、この年齢での転職はキャリアップの絶好のチャンスです。よりいい労働条件や年収、ポジションへの転職が可能となります。
今まで積み重ねてきた経験とスキルを武器に、より上を目指す事が出来ます。

実際に転職を繰り返して最終的に成功した話

実際に転職を繰り返して最終的に成功した話

①ホワイト企業に転職して収入・環境に満足

転職に失敗する人はたくさんいます。入ってみたらブラック企業だったとか、人間関係が悪かったとか本当に良くある事です。
ここで皆さんにお伝えしたい事、それは
「最終的に満足できる転職が出来れば、それでいい」という事です。
私自身も転職を何回も繰り返し、ブラック企業や人間関係、長時間労働、低収入に悩まされてきました。
それでも、沢山の転職を繰り返し、最終的にホワイト企業に転職をし、収入・労働環境・人間関係とすべてに満足できる企業に出会う事が出来ました。
今までの悩みもすべてこの終着点の為にあったんだと思えば、それもいい経験になります。
自分に合う企業・仕事に出会えるかどうかは、「運」に近いですね。
それでも、諦めずに行動していればいい方向に進めます。一番怖いのは、失敗する事を恐れて行動できないでいる事です。行動しなければ今の環境は何も変わりません。
怖がらずにぜひ、前に進みましょう。参考:環境を変えるのが不安で転職出来ない事より、今の状況が続くことの方がよっぽど怖い

②転職が成功したからこそ分かる自由な働き方

正社員にこだわらず派遣社員で自分のスタイルで働く
終身雇用は崩壊しつつあります。正社員にこだわって窮屈な環境で低い給料で働き続けても報われない場合もあるのです。
女性は、結婚・出産・育児ととても忙しいです。とはいえ、女性としての楽しみも捨てる事は出来ません。
自分の人生を楽しみながら、色々なチャレンジも続けていくには自由が必要です。
派遣社員という働き方は、ライフスタイルに合わせて仕事を調整する事が出来ます。昔と違って、正社員と派遣社員の差別をなくしていこうという社会的流れもあり、これからどんどん働きやすくなっていくと思います。
色々とライフスタイルが変わる女性だからこそ、派遣社員という働き方を上手に利用し効率よくお金を稼ぐ方法もいいと思います。




②本業は働きやすさを重視し、収入は副業で補填する

副業を認める企業は年々増えてきています。さらに、働き方改革の影響で長時間労働の禁止や、自由な働き方を推進する流れもあります。
昔なら本業一本で収入を増やすために出世をしていく必要がありました。その代償に大きなストレスを抱え精神的・肉体的に負担がかかり「仕事=つらいもの」という印象がありましたよね。

でも、今は違います。ストレスフリーに働く事が可能になり、本業で残業が減った事で収入が少なくなった分を副業で補う事が出来ます。
副業も好きな事をすればストレスにもなりません。副業だから、好きな音楽をかけて自宅でする事も出来ます。
様々な働き方があるので、無理に一つの仕事にこだわる事もありません。
また、副業である程度の収入をキープできれば、転職活動をしている間もお金の心配をすることもありません。
気持ちに余裕をもって生活をすることが出来ると精神的にも健康でいる事が出来ます。

【まとめ】

女性にとって転職はとても難しい事ですよね。出産も1度キリではなく、2度、3度とあるかもしれません。
プライベートと仕事を上手に両立していくのはとても大変な事だと思います。
そのせいで色々な事を諦めないといけないシチュエーションも出てくるかもしれません。
それでも、1度キリの人生です。出来るだけ自分のやりたい事も実現していって欲しいと思っています。

今日説明したタイミングはあくまでも参考例にすぎません。
あなた自身の人生は一つであり、ひとつとして同じ人生はありません。
何もしなければずっと同じまま。良い方向に変わる事はありません。
行動せずに後悔するよりは、ぜひ明るい未来への第一歩を踏み出してください。




Related
最新情報をチェックしよう!