ITエンジニアにすすめる失敗しない選び方【簡単】

ヘクシ
やりたい仕事じゃなかった!想像してたのとぜんぜん違っててこんなはずじゃなかった!思ってる仕事の職種ってどんな職種なんだ!?!?
🔽本記事の内容

  • 失敗しない3つ選び方
  • 失敗しない方法

間違えたとしてもやり直せばいいだけ。気づいたことがラッキーだと私は考えます。

ITエンジニアの失敗しない選び方3つ


思ってるのと違うのはITは職種が多い。3つに分けます。

自社開発 開発のみの人(プログラマ)
自社開発を売り込む人(エンジニア)
受託開発 開発のみの人(プログラマ)
仕事を受注する人(エンジニア)
常駐勤務(SES) 客先に出向いて仕事をする(常駐先による)

ITエンジニアの失敗する原因

営業などの人と会って話をすることが好きな人はエンジニアに向いています。
エンジニアを選択しましょう。
知らない人と会うのはちょっと嫌な人は開発に向いています。
プログラマーを選択しましょう。
常駐勤務(SES)は依頼してきた会社によって仕事内容がことなるので注意です。
そして常駐勤務(SES)はかなり求人が多いです。これが想像してた内容と違うという原因です。

ITエンジニアの失敗しない解決方法

営業がしたい人、プログラミングだけがしたいのかを明確にすれば失敗はなくなります。
また常駐勤務に向いている人は同じ職場で働くのが嫌な人は向いています。

  • 通勤先がある程度で変わる
  • 期間もバラバラ
  • 勤務時間も客先で変わる
  • 仕事内容もある程度で変わる
  • 人間関係も勤務先で変わる
  • 職場環境も勤務先で変わる

変化することが好きな人は常駐勤務(SES)に向いています。

ITエンジニアの失敗しないやり方

自分のやりたいことを3つから選択したら求人を探します。
ここで注意ポイント
転職サイトだと細分化されているので探すのが困難です。
実際に探してみるとわかりますが募集要項に書いてあることが意味不明なんです。
自社製品開発と書いてあっても常駐(SES)にされることなんて当たり前レベルであります。
慣れている人は隠れSESの見つけ方を知っています。
では見つけ方を知らない人はどうやって成功しているのか。
成功している人は転職エージェントを使っています。説明に騙されないからです。
間違いをなくすために転職エージェントにお願いすれば間違いなく自分に選択した仕事内容の職場を持ってきてくれます。
«【最新版】30代向けの転職エージェントをチェック

まとめ

  • やりたいことは大まかに3つに分類するだけ
  • 常駐勤務(SES)を選択すると間違えやすい。
  • 転職サイトだと細分化されているので隠れSESを探すのが困難
  • 転職サイトの募集要項に騙されるな。

常駐勤務(SES)は向き、不向きがはっきりする職種です。
転職サイトの募集要項には見抜くテクニックは上級者でないと不可能だと思います。
間違いは起こさないことが1番です。安全に進みましょう。

Related
最新情報をチェックしよう!