30代・独身女性の失敗しない転職活動

ヘクシ
転職したいけど失敗したくない。不安だからどんなことに注意して進んで行けば安心して転職出来るだろうか?
🔽本記事の内容

  • 失敗しないためにやることは3つだけ。
  • 大きな成功は必要ない。

30代で独身女性の失敗しない転職活動3つ。

30代・独身女性の失敗しない転職活動3つ。
30代独身女性の失敗しない転職活動3つだけです。
この3つに絞れば先が楽になります。

体力を使う仕事はしない。

体力仕事をしない最大のメリットは、「復職しやすい」という事です。
30代以降は、正直何が起こるか分からないです。
病気やケガなどで生活が一変する事もあります。一時的に休職を余儀なくされた場合でも、体調回復と共に復職を考えた時に体力仕事では難しいでしょう。

体力を使う仕事が全てダメというわけではありませんが、この先ずっと仕事を続けていく事を考えると、復職しやすい仕事のほうが安心です。

未経験の業種には行かない。

未経験の業種を選ばない最大のメリットは、経験がある業種なら「採用されやすい」という事です。

逆を言えば、30代で未経験の職種に応募しても、ほぼ採用されません。
よほどの人手不足やブラック企業なら話は別ですが・・・

記憶力や吸収力、体力ともに若い世代には、勝てません。
企業側もそれを分かっているので、わざわざ30代の未経験を採用しないのです。
さらに、上司が転職者より年下になる可能性が高く、企業側も転職者側も人間関係が難しくなる可能性があるので採用を躊躇します。

✅未経験だけどチャレンジしたい場合はどうしたらいいの?
未経験の職種であっても、正直に未経験と履歴書に書く必要はありません。

例えば、販売の仕事しかやった事がない人が一般事務への転職を希望していたとします。普通であれば、一般事務は未経験ですよね?
しかし、販売の仕事でも「売上管理」「現金管理」「銀行業務」「シフト管理」「在庫管理」など、裏方の仕事はたくさんあります。
一般事務の業務内容に共通する事はたくさんあります。
そこを自分のアピールポイントとし、転職活動をすればいいのです。

❌アピールNG例
一般事務は未経験ですが、やる気はあります。今までの社会経験を活かし、一生懸命頑張ります。
⭕アピールOK例
売上管理や現金管理などの帳簿作成や管理などを行ってきた経験があり、数字は得意です。また、販売の仕事を通して、気配りを身に着ける事が出来ました。

どのようにアピールするかによって、未経験の職種であっても相手に与える印象は大きく変わります。

給料を下げない。

給料を下げない最大のメリットは、転職後も「同じ生活が送れる」という事です。
転職後は、毎日の生活リズムも人間関係も変わります。その生活に慣れる事は簡単な事ではありません。そのうえ、節約もしなければならないとなると相当大変です。

転職をするなら、給料が下がるのは当然と考える人は多いですが、それは間違いです。転職は、給料アップを実現する最大のチャンスでもあります。
労働環境の改善、給料アップは、転職をきっかけに実現する事は可能です。

✅転職前の給料を維持できる求人がない場合は?
管理職などのポジションも視野に入れてみてください。役職手当などで給料が増えます。
役職が就く事で、給料だけではなく裁量が広がったり、マネジメントスキルがついたりと結果的に自分のスキルアップにも大きく期待できます。

30代で失敗しない転職活動は難しくない。

足りないものを確認して成功させる。
転職するのに大きな成功は必要ありません。
今よりほんの少しの幸せが成功に導く1歩になります。
体力も使わなくていいし、未経験というチャレンジもしなくていいし給料も今と同じラインでいいんです。
重要なのは転職しようかどうか悩んでる時間を無駄にして時が経過してしまうことが問題です。
一人で転職しようと思うと出来るかどうか不安が少なからず出てきます。
不安を一人で抱えたままにしておくのはおすすめ出来ません。
«【最新版】30代向けの転職エージェントをチェック

関連記事

ヘクシ どの転職エージェントを選べばいいのかわからない。 正しい転職エージェントはどれなの? こんな疑問に答えていきます。 転職エージェントとは、転職活動をサポートしてくれる無料サービス。 自分で求人を探さなければ[…]

不安だからと言って人生をこのまま消耗してしまうでは後悔してしまいます。

まとめ

  • 復職しやすいこと。
  • 採用されやすいこと。
  • 今と同じ生活が送れること。
  • 不安を一人で抱えたまま放置しない。

実は、転職する際にブランクはあったものの、20代の頃に経験していた業種に戻りたいと思い転職をしました。
しかし、経験はあってもやはり30代後半という事もあり転職活動はなかなかうまくいきませんでした。
応募企業も50社を超えて、精神的にも体力的にも相当ダメージがありましたね。
でも今後の人生を考えて、40代・50代と納得できる仕事に就き、一生働いていくにはここで妥協してはダメだと言い聞かせながら転職活動をしていました。
最終的には、いくつかの企業から内定をいただき、その中で一番納得できる企業に転職する事ができました。

Related
最新情報をチェックしよう!