30代で転職する人へのアドバイス

こんにちは、ホワイト企業で人事採用担当をしているヘクシです。
「転職するなら若いうちにした方がいい」というのはみんなが知っている情報です。
しかし、30代になって転職したいと思ったらどうするべきなのか分からない人は多いですよね。

私も30代で転職したことがあり、その転職が今のところ最終転職です。
そして、30代最後の転職でホワイト企業に入社し、年収・労働環境・人間関係すべてに満足しています。

しっかりとした転職活動をすれば、30代でも転職で成功する事は出来ます。
しかし、無計画に転職をすると失敗する人もいます。
30代のラスト転職で後悔しない為に、ぜひ参考にしてください。

【目次】

  1. 30代の転職で成功する人・失敗する人
      ①30代転職で失敗するパターン
      ②30代転職で成功するパターン
  2. 30代の転職で成功する方法
      ①30代転職で成功する人は、企業から直接スカウトが来る
      ②30代におすすめするスカウトが来る転職サイト
  3. 30代で転職するには転職エージェントを使うべき
      ①転職エージェントで出来る事
      ②30代の転職で使うべき転職エージェント
  4. 30代で未経験の職種に転職したい人へのアドバイス
    ※この方法は、どうしても希望の会社に入れない。応募しても書類選考すら通過できないという人の最終手段として。

30代の転職で成功する人・失敗する人

30代の転職で成功する人・失敗する人
30代の転職は、大きなチャンスを掴む事が出来ますが、それと同時に大きなリスクもあります。
しっかりと計画を立てて転職活動をしないと、転職したことを後悔してしまう結果になりかねません。
30代で転職する人は、「成功する人」と「失敗する人」で極端に分かれる傾向にあります。

なぜかというと、20代の転職と違って、失敗してもやり直す事が難しい年齢だからです。
実質、今回の転職を最後と決めて行動する人が多く、企業から見ても30代が最終ラインと決めて中途採用する事が多いです。
そう考えると慎重にならざるおえず、今までの経験を活かしてキャリアップする人も、今までやりたかった事にチャレンジする人も、いわば最終チャンスと言えるでしょう。だからこそ、「大成功する人」と「大失敗する人」で別れてしますのです。

①30代転職で失敗するパターン

  • 年収のダウン、ポジションダウン
  • 労働環境の悪化、ブラック企業への入社
  • 入社してみたら一生続けられる仕事ではなかった。
  • いざ転職しようと思っても、転職先が見つからなかった

男性と女性で条件は変わると思いますが、30代特に後半の人にとっての転職はとても難しいと言えます。
若年層(35歳まで)の採用しか行っていない企業も多く、応募すら出来ないという事も結構あります。

その中で転職活動をするとなかなか内定を獲得する事が出来ず、焦りのあまり希望条件をどんどん下げて最終的に、転職前の会社よりも悪条件になってしまったというのが典型的な失敗パターンです。
転職で失敗してしまう人の多くは、「無知」「無計画」でのスタートから焦ってしまい、想定外していなかった転職になってしまう事がほとんどです。

②30代転職で成功するパターン

  • 年収アップ、キャリアップ
  • 労働条件の向上、ホワイト企業への入社
  • 将来性があり、ステップアップが見込める仕事
  • 計画的に転職活動を行い、希望以上の転職先からの内定

実際に、上記内容が全て叶う転職を30代でした人はたくさんいます。
転職をする上で、「何かしらの妥協をするのは当たり前」という固定概念がある人が多いですが、その固定概念は捨てた方が良いです。
転職をする目的は、より自分にとっていい条件・環境での就業をする事であり、転職する事でよりいい生活を送れるようになる事が前提です。

そのために、正しい情報を得て、効率のいい転職活動の計画を立てる事で、すべての希望が叶います。
実際、私も30代で転職をしましたが、希望していた条件はすべてクリアできました。諦めずにしっかりと計画をたてて転職活動すれば妥協なんてしなくても転職は出来ます。

30代の転職で成功する方法

30代の転職で成功する方法

30代の転職で成功する方法は下記で説明しますが、今まで仕事でやってきたことが正当に評価されます。
順調にステップアップしてきたのか、まだ足りない部分があるのか。
それは高卒だろうが大卒であろうが関係なく、仕事に対して今まで取り組んできた姿勢が自動的に評価されます。

①30代転職で成功する人は、企業から直接スカウトが来る

当然の事ですが、企業から求められている能力や経験の持ち主はいくらでも転職先を選ぶことができます。
しかし、企業がどんな能力や経験を求めているかを転職者は知る事が出来ません。
自分の需要を知る方法として一番の近道が、転職サイトでのスカウトの数です。
転職サイトに自分の経験やスキル、得意な事、持っている専門知識、資格などを登録すると、企業から直接スカウトが来ます。

スカウトとは、「企業からぜひ、当社に応募してください。あなたの能力が必要です」という内容です。
つまり、企業があなたを求めているという事になります。
その企業からのスカウトがたくさん来る人は、転職市場においてあなたの市場価値はとても高いと言え、好条件での転職が可能となります。
まずは、転職サイトに登録をし、スカウトがどのくらい来るのかを知る事から始めてみましょう。

②30代におすすめするスカウトが来る転職サイト

マイナビ転職
スカウト機能があります。30代転職者の多くが利用している転職サイトで、企業側も30代の採用を積極的に行っています。
30代で転職をするなら、ぜひ登録した方がいい転職サイトです。

リクナビ
自分が閲覧した求人の企業からのみスカウトが届きます。
そのため、沢山の求人を閲覧しなければならない点は大変ですが、30代以降の転職者は多く利用しています。

30代で転職するには転職エージェントを使うべき

30代で転職するには転職エージェントを使うべき
転職エージェントを利用する事で、転職市場において自分の市場価値を知る事が出来ます。
さらに、転職サイトには掲載していない非公開求人を多く扱っています。
30代以降の転職は、通常公開されていないポジションへ転職出来るチャンスも多いので非公開求人も視野に入れて転職活動をする必要があります。

転職エージェントで出来ること
  • 自分の市場価値を知る事が出来る。
  • 非公開求人への応募が出来る
  • 応募書類の添削や面接対策が出来る。
  • 内定後の条件交渉などをやってもらえる

少し書き出しただけでも数多くのサービスがあります。
転職エージェントは、完全無料で利用でき、プロのキャリアアドバイザーに転職活動をサポートしてもらえます。
企業別に面接対策をしてもらえたり、応募書類を添削してもらえたりとサービスも充実しています。

転職市場において自分の価値を正確に把握できている人は多くありません。
間違った認識でいると、もっと上のポジション・年収を狙えるのに選択肢から除外していたり、自分の実力以上の条件の求人ばかりに応募してしまい不採用が続いたりします。
まずは、自分の経歴・スキルがどの程度の企業に通用するのか、どのくらいの企業から求められているのかを把握する必要があります。
それが分かるのが転職エージェントです。

30代の転職で使うべき転職エージェント

30代の転職者が多く利用しています。また、30代の転職者を求めている企業が多く求人を掲載している為、30代の転職者がより仕事探しがしやすいです。
20代の採用を考えている企業がたくさん求人掲載している転職サイトや転職エージェントを利用して、30代が転職活動をしても企業が求めている年齢層とマッチしない為、よほど経験とスキルがないと採用はされません。

だからこそ、30代で転職をするなら30代を求めている企業が多く求人掲載をしている転職エージェント・サイトを利用するべきなのです。
その点も踏まえて、マイナビエージェントは転職エージェントとしてのサービスも利用でき、30代が転職するには適したエージェントだと言えます。

30代で未経験の職種に転職したい人へのアドバイス

30代で未経験の職種に転職したい人へのアドバイス
この方法は、どうしても希望の会社から内定がもらえない。
応募しても書類選考すら通過できないという人の最終手段として考えてください。
まずこの方法を実行する前に、必ず自分が希望する企業にとことん応募しチャレンジをしてください。
それでもダメな場合のみ参考にしてください。

30代で未経験職種への転職はとにかく厳しいという事を覚悟してください。
企業は、同じ未経験なら間違いなく20代の若い世代を採用します。
若い方が吸収も早く、給与などの経費が安く済むからです。
その20代に勝つためには、やる気だけでは勝てません。
そんな状況でも30代の未経験を採用する企業はあります。
それは、採用しても人が定着せず、いつも人員が不足している企業です。
こういった企業は労働環境に問題があったり、仕事自体が厳しかったりと何かしらの欠点があります。
しかし、未経験でも採用はしてもらえます。
そこで提案するのが、「厳しい環境だと承知の上で、期間を決め就職し、未経験から経験有りに変える」という方法です。
要するに、大変なのは承知の上で、経験を積む為に踏み台にするという事です。
30代の未経験よりは、少なくても経験があった方が採用される可能性は高まります。
期間を決めて頑張れば、大変な環境でも我慢は出来ます。
つらくても、その後にホワイト企業に転職するために辛抱するということです。

◆注意◆
期間を決めて働く為、短い職務経験が履歴書に残る
この点はリスクとしてあるので覚悟してください。
1~2年未満で退職してしまう場合、忍耐力が足りないと判断されるリスクがあります。
しかし、経験とスキルを身に着ける為に経験した企業だという事をしっかりと説明できれば、デメリットだけになるという事ではありません。
しっかりと目的を持った経験であると説明できるようにすればいいでしょう。

【まとめ】

30代の転職はとても大変です。
20代の経験を活かしてステップアップをする人にとっては大きなチャンスになりますが、全く新しい業種や業界に飛び込む人にとってはラストチャンスとなるでしょう。
40代になってからの転職は更に厳しくなるため、最後の転職は絶対30代のうちにしておくほうがいいです。

とはいえ、転職を考えているなら迷っている時間はありません。
迷っている間に、あなたの市場価値はどんどん下がって行きます。
それは、転職市場において若ければ若い程、需要があるからです。

自分が今後どういう仕事をしたいのかを考え、転職を視野に入れるなら今すぐ転職エージェントに登録し、まずは自分の価値を知り転職活動を始めてください。
少しでも自分の価値が高いうちに転職する事が、転職で成功する近道です。

時間に余裕のない時はエージェントをおすすめします。全部無料で何から何までやってくれます。
3分程度で登録できて、1円もかかることなく転職出来ます。


#NAME?

Related
最新情報をチェックしよう!