環境を変えるのが不安で転職出来ない事より、今の状況が続くことの方がよっぽど怖い

こんにちは、ヘクシです。
人間の脳は、環境の変化や新しい事へのチャレンジに恐怖を少なからず感じるようにできています。
だから、環境の変化に対して不安を感じる事は、決しておかしいことではありません。
私も、環境の変化はいつも不安になります。

転職して新しい職場がブラック企業だったらどうしようとか、苦手な人がいたらどうしようとか、色々な事を考えます。
しかし、その不安のせいで環境を変えられないという事は、今よりいい環境に変わる事もないという事なんです。
私は、不安を乗り越えてきたからこそ、現在ホワイト企業の人事として働けているんだと思います。

環境を変えるのはとても怖いです。不安になります。
私なりに試行錯誤した結果、不安を取り除ける収穫があったので活用してみてください。

【目次】

  • 1.転職をすることで、どんな環境の変化に不安を感じるのかを考える
     ① ブラック企業などの職場環境への不安
     ② 人間関係などの対人環境への不安
     ③ 仕事がこなせるかなどの成果・評価への不安
  • 2.環境の変化が怖いのは、現状維持バイアスの働き
     ① 現状維持バイアスとは?
     ② 現状を維持する事へのメリットとデメリット
  • 3.環境を変える不安より、環境を変えられない事へ不安を感じるべき

転職をすることで、どんな環境の変化に不安を感じるのかを考える

転職をすることで、どんな環境の変化に不安を感じるのかを考える
1-① ブラック企業などの職場環境への不安
結論から言うと、転職時にしっかりと企業を見極める事で不安は解決できます。
ブラック企業に就職してしまう人は、転職活動のゴールが内定をもらう事になっている人です。
焦りと不安から転職活動がうまくいかず、どこでもいいから転職したいと考えてしまう人はブラック企業に転職してしまう傾向にあります。

解決する方法は、転職活動の際にプロの意見を聞く事。

求人票の見方や、離職率、ネットの口コミなど調べる方法はいくらでもあります。
そこでお勧めは、転職エージェントです。
転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーが転職についてのアドバイスを無料でしてくれます。
もちろん、ブラック企業かも?と心配になった場合は、キャリアアドバイザーに相談する事もできます。
ホワイト企業に転職するために、ぜひ転職エージェントの力を借りてください。

1-② 人間関係などの対人環境への不安
働く上で人間関係は重要です。人間関係がうまくいかないと仕事も楽しくないですよね。
怒ってばかりの人は、なぜいつも怒っているのでしょうか?
性格の悪い人は、なぜいつも意地悪ばかりするのでしょうか?

答えは簡単です。「心に余裕がないから」です。
心に余裕がない人は、いつも怒ったり、誰かに八つ当たりしたりしています。
そういう人が多く働いている職場は、もはや職場環境に問題があるとしか思えません。

人間関係の不安を解消するためには、ホワイト企業に転職するしかありません。

私は、ブラック企業とホワイト企業のどちらの勤務経験があります。
あきらかい違う事は、「働く人の余裕」です。
ブラック企業で働いている人は、いつも怒ってばかり。
仕事も溜まり時間に追われていて人に優しくする余裕なんてありませんでした。
しかし、ホワイト企業で働いている人は、時間と心に余裕がありました。
そのため、日ごろから助け合いの精神が強く、悩んでいる人がいれば親身になってくれます。
このように、どんな企業で働くかで同じ人間でも大きく変わるのです。

1-③ 仕事がこなせるかなどの成果・評価への不安
新しい会社で仕事がうまくいかないとつらいですよね。仕事に行くのがつらくなってしまうかもしれません。
転職先で仕事をこなす事ができず、仕事がつらくなる人には共通点があります。

企業が求めている人材(能力)と転職者の能力に大きな差がある事です。
転職活動をする際に、内定が欲しいあまり面接で実力以上のアピールをしてしまう事で、転職者の能力を過大評価してしまいます。結果、入社後にギャップが生まれてしまい、仕事が出来ないという結果になります。

解決策は、自分の実力にあった業務内容の会社に転職する事です。

現状のスキルを伝え、出来る事と出来ない事はしっかりと伝えたうえで、新たらしい事へのチャレンジ精神をアピールすれば、面接官にも悪い印象は与えません。
面接が苦手な人も、しっかりと対応すれば大袈裟なアピールをしなくてもしっかりと内定はもらえます。
入社後のミスマッチを防ぐためにも、面接での会話はとても重要です。参考:転職するには避けて通れない苦手な面接をのりきる方法

環境の変化が怖いのは、現状維持バイアスの働き

環境の変化が怖いのは、現状維持バイアスの働き
2-① 現状維持バイアスとは?
現状維持バイアスとは、「変化によって得られる可能性」よりも、「変化によって失う可能性」に対して過剰に反応してしまう事を言います。

例えば、貯金100万円を投資し、さらに100万円の利益を出す喜びよりも、その投資によって100万円を失ってしまうかもしれないという恐怖の方が上回る心理です。
転職で言えば、新たな会社に転職しスキルアップや年収アップ、より環境のいい職場で働けるかもしれないという期待より、今の会社で頑張って積み重ねてきた人間関係や成績、慣れた環境などをリセットする方が怖いという心理状態になります。

この現状維持バイアスは、程度は変わりますが誰にも存在します。

2-② 現状を維持する事へのメリットとデメリット
何も変わりません。
失うものはありませんが、得るものもありません。
不満がある今の会社で現状を維持する事で、今はいいかもしれませんが不満を蓄積し続ける事でいつか、なぜ行動しなかったんだろうと後悔するかもしれません。
「失うものも、得るものもない」というは、メリットでありデメリットでもあるのです。

環境を変える不安より、環境を変えられない事への不安を感じるべき

環境を変える不安より、環境を変えられない事への不安を感じるべき
今まで環境を変える事への不安から現状維持を選択し続きてきたなら、今こそ変えてみるべきです。
現状維持を選択した結果、現状に満足していないのですから、その選択は間違っていたという事です。

その満足していない現状を維持する必要はどこにありますか?
人は、無意識に「何もしない方がいい理由」を探しています。
でもそれは、悪くなる事はあっても良くなる事はありません。

現状維持は大変ですよね?だって、つらい毎日を耐える必要があるんですから。
でも、環境を変える為に行動すれば、そんなつらい毎日から逃れる事ができるかもしれません。
このままつらい毎日を一生繰り返しますか?そんな大変な道を選ぶ理由はなんですか?

環境を変える不安より、環境を変える事ができない自分への不満を感じた方が人生はもっとうまくいくはずです。

【まとめ】

人には、「変えてはいけないもの」と「変えなくてはいけないもの」があります。

信念、こだわり、ポリシーなど、自分にとって大切な事は変えずに持っている事も必要です。
目標や夢の為に諦めずに頑張る事も大切です。
でも、変えた方がいいものを変えようとしない行為は、決してプラスにはなりません。

環境が変わる事に対して誰でも不安あります。
それでも変える理由は、より幸せになるためだと思います。不安なんて、最初だけです。
少し時間がたてば、また環境に慣れます。
慣れるまでのほんの少しの時間を乗り越えるだけで、あなたの一生が変わります。

Related
最新情報をチェックしよう!