【悩み】会社に合わない気がする…そんな理由で転職してもいい?

こんにちは、ホワイト企業で人事採用の仕事をしているヘクシです。
実際入社してみないと社風や、人間関係、社内の雰囲気など分からない事って多いですよね?
入社後に、なんだかこの会社に合わない気がすると感じ始める人って割といます。
もう少し様子を見るのもいいですが、もしかしたらすぐにでも転職活動を開始した方がいい場合もあります。

そもそも、なんとなく合わないと感じる時って人間関係か社風が合ってないので結局、続かないんです。
出来れば、その職種のノウハウを身に着けてから転職した方がいいですが、そのうち我慢の限界が来ることも考えて事前に転職の準備をしておくことが大切です。
実際に転職活動をして内定をもらえれば、合わないと感じている今の会社には一切興味が無くなります。
未来に向かって進む方が時間を有効に使えるってことです。

目次

  1. 会社に合わないと感じる原因を探る
  2. 合わないと感じる会社に居続けるメリットとデメリットを比較
  3. 次の転職先でも、また合わないと感じたらどうする?
  4. いざという時の為に転職活動を始めておく

会社に合わないと感じる原因を探る

会社に合わないと感じる原因を探る
私の意見を先に言うと、合わないと感じているならさっさと転職するべきです。
無責任と言われるかもしれませんが、結局のところ、1度きりの人生後悔を出来るだけ減らし、いかに時間を大切に出来るかってことが重要だと思っています。

よく、最低でも3年は続けるべきとか言う人がいますが、3年続けて結局合わないかもしれないのに、何の根拠もなく無理に続けろと言う方が私からしたら無責任だと思います。
まず、なんとなく会社に合わないと感じる原因ですが、実はもう答えが出ている事が多いです。

  • 人間関係がうまくいかないとか。
  • 社風が合わない。やたら体育会系の会社とか。
  • そもそも仕事内容が苦手だったとか。
  • 本当は別の事がやりたいけど、生活の為に入社したとか。

まぁ、自分に問いかけてみると自然に嫌だと感じている事が思い浮かぶはずです。
つまり、それがこの会社が合わないと感じている原因です。

自分ひとりで解決できることなら辞める前に解決してみるべき

会社に合わないと感じる理由が、自分の力でどうにかなるようなことならまずは改善策を探してみましょう。
例えば、「もっと楽な仕事だと思っていたのに意外としんどかった」とかです。
こんな感じの一人で解決できるような事なら、仕事の効率化を考えてスムーズに進められるように工夫すればいいだけです。楽したいなら無駄を省く。めちゃくちゃ簡単な答えです。

でも、人間関係が合わないとか、社風が合わないとか、自分だけの問題ではない場合は改善するのは無理ですね。
もっと仲良くしたいのに出来ないというような初級的悩みなら、思い切ってコミュニケーションをとってみればもしかしたら解決するかもしれませんが、パワハラ気質が横行しているような人間関係の場合はどうあがいたって改善は無理なので、我慢せずに転職しましょう!

社風が合わないというのも同じですね。これは会社全体の問題なのでどうにもなりません。
今我慢してもいずれは限界が来るので、時間を無駄にせず転職しちゃった方がいいです。

私の経験上、どんな優秀な人でもいなくなれば代わりが出現し、問題なく会社は回ります。
例え、勤続20年以上の部長でも、プロジェクトの責任者で能力がめちゃくちゃ高い人でも、いなくなれば誰かがその代わりをします。
そして、何の問題もなく会社は回ります。
なので、入社したての新人が辞めたところで会社には何のダメージもありません。
まぁ、強いて言えば人事にお叱りが来るくらいですかね。
辞めるほど悩んでいたことに何で気づかなかったんだ!って言われるくらいです。
だから、辞めても問題はないです。

合わないと感じる会社に居続けるメリットとデメリットを比較

合わないと感じる会社に居続けるメリットとデメリットを比較
これは単純な話です。この会社に居るメリットとデメリットを考えてどっちが多いかを比較するだけです。
メリットとデメリットを真剣に考えてみると意外と冷静に判断する事が出来ます。
「なんとなく合わない」という漠然としたものじゃなくて、リアルに損得で考える事が出来るからです。

例えば、社風は合わないけど給料はいい。人間関係は良くないけど、福利厚生は抜群にいい。とかですね。
長いスパンで考えて、このまま会社に居る事でメリットの方が大きいのか、デメリットの方が大きいのかで判断してみてください。

メリットはあるけど、やっぱりこの会社は合わない。改善策を見つけるヒントが欲しい。

例えばですけど、やたら体育会系の会社で社風が合わないとします。
体育会系の会社に勤めてる社員って、みんな体育会系が好きだと思いますか?
中には好きな人もいると思いますが、私の経験上、そういうのは嫌いな人が多いです。
出世している上司を見てみてください。
別に体育会系ではないけど、続けている人っていませんか?
そういう人ってうまく手を抜いているんです。
上手に嫌いな体育会系の雰囲気を無視して、メリットのいいとこ取りをしています。
そういう上司を真似してみてはいかがでしょう?意外と仕事に身が入るかもしれません!

私は、人間関係で合わないと感じた会社を辞めた事があります。
メリットとデメリットを比較して、このまま精神をすり減らして仕事を続けることのデメリットが大きすぎました。
同じくらいの給料がもらえる仕事なんていくらでもあるし、無理してここに居続ける意味はないかなって判断で辞めました。
自分の理想の働き方を意識して、今の会社に居る事の意味を考えれば自然と答えは出てくると思います。参考:「限界がきたから仕事を辞める」という事は、未来に向かっているという事

次の転職先でも、またこの会社合わないと感じたらどうする?

次の転職先でも、またこの会社合わないと感じたらどうする?
転職先が自分に合っているという保証はないですよね?それが怖くて転職出来ない人も多いと思います。
実際、自分に合っている会社を見つけるのってすごい大変です。
それと同時に、自分に合わない会社を見つけるのも大変だって知っていましたか?
普通は、合うとか合わないとかそんな事を考える時間もないまま、毎日が過ぎていくものなんです。
だから、合わないと感じるならそれは、本当に合わない会社なんだと思います。

転職して次の会社も合わないと感じたら、会社員が向いていないだけかも?

さっき説明したように、自分に合わない会社を見つけるのも大変なんですよ。それなのに、2社続けてなんとなく合わないと感じる確率ってめちゃくちゃ低いです。
それはもう、「会社員気質じゃない」ってこと。つまり、サラリーマンに向いていません!

会社という決められた枠の中で仕事をすることが苦手な人や、決められた時間の中で仕事をすることが苦手な人はサラリーマンには向いていません。
悪く言えば協調性がない。良く言えば、合理的とか依存しないって感じですかね。

自由になればなるほど本気を出して、実力を発揮できる人はフリーランスにめちゃくちゃ向いています。
やったらやっただけ100%返ってくるのがフリーランスです。
自分の会社を作るのもいいかもしれません。とにかく、転職を繰り返しても同じように「なんだか合わない」と感じるなら、フリーランスに挑戦みた方がいいですね!参考:【女性】プログラミング初心者の私でも出来るLPの作り方

自分に合わない会社をいざという時の為に転職活動を始めておく

自分に合わない会社をいざという時の為に転職活動を始めておく
無計画に辞めると後悔するので、いつ辞めてもいいように準備をしましょう!!
いつか来てしまう限界に備えて、いつでも辞められる準備は大切です。
貯金が山ほどあるならすぐに辞めても問題ないですが、そんな人そうそういないですよね?
転職ってそう簡単に出来るものではないので、時間も必要ですし、結構疲れます。なかなか内定がもらえず焦ってしまう事もあるので、貯金がないなら転職先を決めてから退職する事をお勧めします。

転職活動をするにも、自分が何をやりたいのか、どんな仕事がどんな会社が合っているのか分からない人へ。

今まで経験してきた仕事の中で、割と楽しかった仕事を選択してみてはいかがでしょうか?
苦手な事を探すよりも、得意な事を広げた方が可能性は広がります。参考:自分に合っている仕事が分からない。希望している条件の求人が見つからないときは?

社風や人間関係は入社してみないと分からない。どうやって転職先を選べばいいの?

ぜひ、転職エージェントを利用してください!めちゃくちゃお勧めです。
転職エージェントは、完全無料で1円もかからず転職活動のサポートをしてくれるサービスです。
プロのキャリアアドバイザーが相談にのってくれますし、企業担当の人が実際に会社の雰囲気などを訪問して確かめてくれていますので、応募する前に確認する事ができますよ。

もし、体育会系の社風が苦手という事であれば、担当のキャリアアドバイザーにその旨を伝えてください。
どんな雰囲気なのかを教えてくれるので、極力避けて応募する事ができます。
人間関係とかはさすがに難しいですが、職場の雰囲気などを聞く事は出来るので参考になると思います。

私も、転職活動をする際には転職エージェントを利用するようにしています。
人間関係を確かめたい時は、自分が応募しているポジションの募集理由を聞いたりしますね!
その時に、前任が急遽、家庭の事情で退社して欠員が出た。とかは避けるようにします。

本当に家庭の事情かもしれませんが、突然退職するなんてよっぽど我慢できない事があって退職したって可能性があるからです。
出来るだけ、「業務拡大の為、補充」とか「新しい部署設立で補充」とか欠員の為の募集ではなく、補充の為の募集を選んで応募するようにしています。
そういった細かい情報を教えてもらえるのも転職エージェントのいいところだと思います。参考:失敗しないための転職エージェントの選び方【経験談あり】

【まとめ】

誰しも会社に馴染めなかったり、なんとなく合わないと感じたりすることはあります。
それが一瞬の出来事なのか、毎日繰り返しこみあげてくる感情なのかによって耐えられるかどうかは変わります。

毎日同じようにつらい気持ちになったり、辞めたいと感じたりするようならすでに限界かもしれません。
仕事を辞める事は簡単な事ではありません。
でも、そのつらい環境に居続ける事はもっと大変な事です。

いつか転職したい。その「いつか」は待っているだけでは、一生きません。
自分の人生の為に、今行動しなければ一生後悔します。

人は、行動できなかった事への後悔を深く感じます。
騙し騙し毎日を送れば今のまま過ごす事は出来ます。でも、いずれ「なぜあの時行動しなかったんだろう」と深く後悔する時が訪れます。そうなってからでは遅いです。

今すぐ行動して明るい未来をつかみ取ってください。

Related
最新情報をチェックしよう!