何から始めると転職は成功するのか【実体験あり】

こんにちわ、今ホワイト企業で人事採用担当をやっています。
過去私は転職にたくさん失敗してきました。
今は充実してますがこれまでやってきたことを元に
一体どうすれば転職に成功できるのかを体験談を交えて教えます。

【目次】
1. 【転職活動】何から始めていいか分からない人が、まずやる事
 ① 転職したい理由と転職条件の設定
 ② 大まかな転職活動の順番
2. 転職エージェントの登録と流れ
 ① 自分に適している転職エージェントを探す
 ② 転職エージェントへの登録と面談
 ③ 書類選考に強い応募書類の作成と転職サイト登録へ進む
3. 転職サイトの登録と流れ
 ① 自分に適している転職サイトを探す
 ② 複数(最低2サイト)の登録とエントリーシートの作成
 ③ 企業応募開始
4.転職したことで、すべてに満足しているウソのような本当の話

【転職活動】何から始めていいか分からない人が、まずやる事

【転職活動】何から始めていいか分からない人が、まずやる事
1-① 転職したい理由と転職条件の設定
下の3つ項目を出来るだけ細かく紙に書き出してください。そしてその紙を必ず、応募する前に毎回見るようにしてください。これが転職活動に見失ってはいけない事になります。
1. あなたが転職したいと思った理由は何ですか?(出来るだけ詳しく)
※今の会社を辞めたいと思った理由が、転職条件の1位だと考えてください。
2. 転職をする最低条件は何ですか?(多すぎはNG。多くても3個まで)
※例 給料○○万円以上、通勤○○分以内、昇給制度がしっかりある、休日が多い など
3. これからどんな仕事がしたいですか?また、どんな事ができるようになりたいですか?

この作業をやらないと、転職活動がうまくいきません。これは大袈裟ではありません。
なぜなら、転職活動は今、あなたが思っているより「肉体的&精神的」に辛いものだからです。
そのつらい環境が続くと、当初の目標を見失いかけます。完全に見失うと、転職した結果「失敗」に終わるケースがほとんどです。そしてまた転職を繰り返す事になります。
目標を見失わないようにするためには、この作業は【絶対的に必要】なのです。

1-② 大まかな転職活動の順番
今回は、1~5迄を説明します。順番にはそれぞれ意味があります。
実際、私は何度も転職活動をしてきてたどり着いた「効率のいい転職活動の順番」です。

  1. 転職理由と転職条件の設定
  2. 転職エージェントの登録と面談
  3. 転職企業&仕事の選定
  4. 転職サイトの登録とエントリーシートの作成
  5. 企業応募開始
  6. 面接対策
  7. 内定後の交渉
  8. 入社準備
  9. 退職準備
  10. 退職&入社

転職エージェントの登録と流れ

転職エージェントの登録と流れ
まずは、転職エージェントに登録します。(5分で済みます)
転職エージェントとは、完全無料の人材紹介サービスです。転職のプロのキャリアアドバイザーが担当についてくれて、転職の悩みから、書類作成の手伝いを行ってくれます。
転職エージェントを最初に登録する理由としては、下の3項目を転職活動の最初にやっておく必要があるからです。これらすべての手伝いをしてくれるのが転職エージェントです。

  • 自分の市場価値を知る
  • どんな企業&どんな仕事をしたいか、また向いているか
  • 書類選考に強い応募書類の作成

2-① 自分に適している転職エージェントを探す
転職エージェントは、たくさんあります。正直、どの転職エージェントを選ぶかによって、あなたの転職に大きく影響します。

登録する転職エージェントが決まったら、実際に登録してみましょう。
登録時、自分の履歴書&職務履歴を入力します。後々、キャリアアドバイザーが完璧な書類になるようにアドバイスをしてくれるので、完璧じゃなくても大丈夫です。
※注意※ アドバイスをもらえるからと言っていい加減に登録してはいけません。転職に本気と言う事をキャリアアドバイザーにアピールするために、しっかりと入力事項は埋めてください。
参考:失敗しないための転職エージェントの選び方【経験談あり】

2-② 転職エージェントの登録と面談、転職企業&仕事の選定
転職エージェントに登録すると、次に面談を求められます。少し、面倒な気持ちになるかもしませんが、必ず面談には足を運びましょう。電話面談を受け付けている転職エージェントもありますが、出来れば直接キャリアアドバイザーと対面で話した方がいいです。

理由としては、キャリアアドバイザーとは二人三脚で転職活動を進めていきます。そのため、自分とキャリアアドバイザーとの相性はとても大切です。面談をして、「理解してもらえなかった」「なんとなく信用できない」等があれば、担当のキャリアアドバイザーを変更してもらう事もできます。
真剣に転職活動をするなら、キャリアアドバイザーとの相性は必ず確認しましょう。

大切な項目として【転職企業&仕事の選定】があります。

これは、あなたの今までの仕事の経歴やスキルを踏まえたうえで、どんな業界で活躍できるのか。また、どんな業界や企業があなたを求めているのかを知る事です。これを「自分の市場価値を知る」と言います。
また、最初に紙に書いた「転職理由と転職条件、将来のビジョン」をもとに、どんな企業で働くか、どんな仕事をするかを決めていきます。
※この転職企業&仕事の選定をもとに、今後の転職活動を進めていきます。

2-③ 書類選考に強い応募書類の作成&転職サイト登録へ進む

面談が終わると、書類選考に強い応募書類作りが始まります。
面談内容を踏まえて、キャリアアドバイザーから「強みである○○が書いてないので書きましょう」とか、
「自己PRのインパクトが薄いので、もう少し書きましょう」とかアドバイスをしてくれます。
そのアドバイスを踏まえて、何度も応募書類を修正していってください。

そして、完璧な応募書類を手にしたら、いよいよ転職エージェントより企業の紹介が始まります。
送られてきた企業の求人票で分からない事があれば、求人票の見方を丁寧にキャリアアドバイザーが教えてくれます。そしていよいよ、転職エージェントからの企業応募開始となり、次のステップ、転職サイトの登録へと進めます。

転職サイトの登録と流れ

転職サイトの登録と流れ
転職エージェントの登録が終わり、転職企業と仕事の選定が終わり、書類選考に強い応募書類を手にしたら、いよいよ転職サイトでも転職活動を開始します。

先に転職サイトに登録しなかった理由は、主にしたの3つがあります。

  • 求人票の見方が分からない。
  • 転職サイトに掲載企業が多すぎて、何を基準に応募したらいいのか分からない
  • 自分で作った応募書類は不備が多く、応募しても書類選考で不採用になる

私自身、転職活動がうまくいっていない時は、自分で登録した応募書類は不備だからでしたし、アピールできる応募書類ではありませんでした。そのことに気づくまでに、何十社も書類選考で不採用になっています。
のちに、転職エージェントに登録し自分の応募書類が全くダメだったんだと気づき、転職サイトの応募書類も修正してやっと、転職サイトでも書類選考を通過できるようになりました。

※自分では完璧に登録したつもりでも、数多くいるライバルの応募書類に比べると圧倒的に劣っている事がほとんどです。ですので、転職サイトよりも先に、転職エージェントへの登録が必要なのです。

3-① 自分に適している転職サイトを探す
転職エージェントと同様に、転職サイトもたくさんあります。
業界や職種、年齢によって適している転職サイトが存在するので、見極めが必要です。
そこで役に立つのが、転職エージェントの面談で決めた【転職企業&仕事の選定】です。
自分の転職したい企業(業界)や仕事(職種)に強い転職サイトを選んで登録しましょう。参考:選ぶべき転職サイトは?ホワイト企業に転職するためのおすすめサイト

3-② 複数(2サイト)の登録とエントリーシートの作成
転職サイトは、複数を併用して使う事でより効率のいい転職活動を行う事ができます。
転職活動において重要なのは、出来るだけ数多くの企業に応募し、チャンスを作る事です。そのため、選ぶ求人数は多ければ多いに越したことはありません。
ですが、4サイト以上に登録すると、転職エージェント1社+転職サイト4社になるので合計5社から毎日連絡が来る事になります。メールなどが多すぎて訳が分からなくなりますので、最適なのは転職サイト2社だと思います。

3-③ 企業応募開始
転職サイトへの登録が終われば、求人を検索し実際に応募していきましょう。
書類選考に通過した後、面接も控えています。応募しながら、「面接対策」をしておく事をお勧めします。

また、たくさんの企業に応募する事になります。
そのため、簡単なメモでいいので「なぜ、その企業に応募したのか。決め手はなんだったのか。」を残しておくとよいでしょう。時間がたつとどうしてその企業に応募したのかを意外と忘れてしまうものです。参考:転職活動での書類選考の期間と通過率

書類選考で不採用が続き、精神的に疲れてきたらやって欲しいこと

書類選考や面接などで不採用が続くと、どこでもいいから内定が欲しいという気持ちになってきます。
その時に、必ずやって欲しい事が、「転職理由と転職条件」の確認です。

転職活動の最初に行った【転職理由と転職条件の設定】の振り返りが必要になります。
紙に細かく書いてあると思うので、もう一度、見返してみましょう。
ここで目標を見失わない事で、転職活動に失敗することなく続けていく事ができます。

転職したことで、すべてに満足しているウソのようなホントの話

転職したことで、すべてに満足しているウソのようなホントの話
現在私は、ホワイト企業の人事担当として働いています。
それまでは、商社や不動産、飲食と色々な業界を点々とし、転職回数は結構多いです。転職活動を経験した方ならご存知かもしれませんが、転職回数が多い人は、転職市場において非常に不利です。

しかし、私は、今の会社に不満は全くありません。
収入、休日、職場環境、業務内容、すべてにおいて満足しています。
正直、こんなに満足のいく企業で働けるなんて自分でも信じられないくらいです。

それは、諦めずに転職活動をした結果だと思っています。
キャリアアップの為に転職したといえば聞こえはいいですが、実際の所は嫌で辞めた会社もあります。
会社を退職する人の大半は、不満があって辞めている人がほとんどじゃないですかね?

会社に不満があるのは、当たり前です。それが仕事です。
私自身、人事をしていると社員の悩みとかトラブルを聞いていると、悩む事もあります。
しかし、それが不満につながる事はないです。
それを解決するのも私の仕事だと思っているからです。

忙しい時もあります。しかし、ほぼ残業はしません。
自分で仕事をコントロールできる企業に勤めているからです。

結局のところ、自分の仕事をいかに「自分でコントロール」出来るかって事なんです。
忙しくても、大変でも、自分でコントロールして仕事ができる職場なら、不満にはなりません。
私の場合、その結果、評価にしっかりと結びつく企業に勤められています。だから、収入面でも満足しています。

転職してもどうせ同じ。また、不満だらけの毎日と諦めている人へ

私はそうは思いません。どうせ同じと思って行動しない事こそが、「どうせ同じ」結果なんだと思います。
世界中にどのくらいの企業が存在していますか?
その企業すべてが、あなたにとって「どうせ同じ結果」になりますかね?

諦めたら明るい未来は来ないです。一生、どうせ同じという結果のまま労働する事になります。

【まとめ】

 
日本は恵まれています。
労働者は、「労働基準法」で守られ、「働き方改革」だと騒がれ、どんどん労働環境は良くなっています。

だからと言って、ぬるま湯につかり、自分では行動せず、
今の環境に不満を口にするだけの毎日で本当にいいのでしょうか?

自分の未来は、自分で切り開くべきだと思います。
転職したいけどなかなか行動できない人も、その重い腰をあげて行動するべきです。
少なくとも、私は転職をしてよかったと心から思っています。

ホワイト企業は存在します。自分の働き方にあった企業は存在します。
やりがいのある仕事は存在します。収入に満足できる企業は存在します。
仕事とプライベートを両立する事もできます。

自分がこうなったらいいな。と思う事は実現するんです。
ぜひ、諦めないで頑張りましょう。

Related
最新情報をチェックしよう!