家族や妻、恋人に転職を反対されてしまう場合

こんにちはヘクシです。
良き理解者であるはずの人から反対されると落ち込みますよね。
どうして理解してくれないのかとモヤモヤした気持ちになって、行き場のない気持ちをどうしたらいいか悩んでしまいます。

こんなモヤモヤした形のまま説得しても感情的になってしまうので一旦、作戦を練り直すのが得策です。
1度引いて勝つということはよくあることです。
反対した人も、一旦引かれたことで「頭ごなしに反対してしまって申し訳ない」という気持ちが出てきます。

私は人事採用担当なので、入社前はもちろんの事、入社後もいろいろ相談にのる事があります。
実際に入社してみてどうだったか、今後の目標についても一緒に考えます。
一緒に働く社員の家族にも理解は必要なので、
色々な相談経験を踏まえて一緒に問題を解決していきましょう。
説得力が必要不可欠 
説得出来ないなら多分転職しても成果は出せない

目次

  • 1.家族や恋人が転職に反対する理由は、ずばり「不安」
  • ① 家族や恋人との将来を考える
    ② 賛成できる条件を確認する(給料・勤務地・休日など)
    ③ 相手の気持ちもしっかりと理解する

  • 2.家族や恋人に転職を反対されない為には説得が必要不可欠
  • ① 説得には順番が必要
    ② 説得できる条件を揃える
    ③ 家族や恋人を説得できないなら転職しても成果は出ない

  • 3.どうしてもダメなら副業から始めてみる

家族や恋人が転職に反対する理由は、ずばり「不安」

家族や恋人が転職に反対する理由は、ずばり「不安」
女性は、安定・安心・現状維持を好む生き物です。男性のように環境の変化やチャレンジを好んだりしません。
そのため、夫や彼氏が転職したいと言ってきたら、ほとんどの女性は反対するでしょう。
これは、女性脳ならではの考えなので、「なぜ理解してくれないんだ」と感情的になってはいけません。
まずは、女性は反対して当然と思う事から始めてください。

1-① 家族や恋人との将来を考える
これは、とても大切な事です。
男性にとっての転職は、「自分の将来」そのものです。一般的に男性は、一生仕事をします。
女性は、出産や育児といった仕事から離れる時期があるのに対し、男性はそうはいきません。

どんな仕事をして、いくら稼げるのか。そいういう事に男の価値と考える人が多いです。だから、転職は自分の人生そのものだと思います。
一方、女性はそうではありません。夫や彼氏の仕事は、自分の人生でもあるのです。
どんな仕事をするのか、休みはいつなのか、毎月いくらお給料があるのかで、女性自身の生活も変わるからです。

その事も踏まえて、家族や恋人とどんな将来を過ごしたいのかを考えてみてください。
考えてみた結果、家族や恋人の為にも転職必要だと思ったら転職をしてもいいと思います。そして、転職を打ち明ける時に、必ず将来を考えた事を伝えてください。
女性は、結果だけでは満足しません。その結果になるまでの経過も知りたい生き物です。
どんな将来を考え、どんな事を大切にし、どんな事が必要だと思ったから転職したいと思った。この決断は自分だけの為ではなく、家族や恋人との為なんだと伝えてください。
これが大前提です。

1-② 賛成できる条件を確認する(給料・勤務地・休日など)
女性は、現実的な生き物です。いくら大丈夫だといわれても保証がないものは信用しません。
そこで、まずは転職を賛成できる条件を話し合いましょう。

女性は男性が考えているよりもっと先の将来を現実的に考えています。
「どうにかなる」「なんとかなる」は全く信用されません。
なので、賛成できる条件を家族や恋人の意見も取り入れて話し合ってみましょう。
一方的に決断された結果より、二人で話し合った事で理解が深まり、一方的に反対されることもなくなります。

1-③ 相手の気持ちもしっかりと理解する
女性も大切な人の決断を否定したい訳ではありません。理解したいと思っています。
しかし、女性は感情的な生き物です。なので、その感情を利用しましょう。

利用すると言ったら聞こえが悪いですが、相手の気持ちを尊重し、しっかりと伝える事で思いは伝わります。
どうして反対しているのかしっかりと聞いてください。
不安なら、何に不安なのか。その根本的な原因を理解する事で、解決策を見つける事ができます。

家族や恋人に転職を反対されない為には説得が必要不可欠

家族や恋人に転職を反対されない為には説得が必要不可欠
転職がゴールではありません。転職してからがスタートです。
定年まで続く仕事は、一緒に時間を過ごす家族や恋人からの協力も必要です。
今の環境があるからこそ、転職して頑張りたいと思ったのですから、頑張りのきっかけを大切にしなくてはなりません。

2-① 説得には順番が必要
いきなり「転職する事にしたから」と打ち明ける人はいないとは思いますが、もしいたら完全にNGです。
先ほどもお伝えしましたが、女性は結果より経過が大事です。

転職したいと考えているなら、まず転職する事を決める前に「転職したいと考えている事」を伝えましょう。
しかし、重複しますが女性は保証がないものは信用しません。

なのである程度の予定は必要なのです。どんな仕事をして、どんな企業に勤めて、どれくらいの給料がもらえて、今まで通りあるいは、それ以上の家族や恋人との時間を確保できるのかを調べておくことが必要です。

しっかりと先の事も考えたうえで、転職をしようか迷っている事を伝えましょう。
もし、転職をすると決めていても、「迷っている」というテイで相談する事をお勧めします。

2-② 説得できる条件を揃える
賛成してもらえる条件をある程度クリアできる条件を揃える必要があります。

求人票の段階で条件をクリアしていても、内定をもらえるかどうかは転職活動をしてみないと分かりません。
しかし、どんな仕事で、どんな求人があるのかを提示する事は必要です。

女性は一方的に決められてしまう事を極端に嫌います。
しかし、なんの計画もなく提案される事も嫌います。
非常に難しいですが、これができないなら説得はまず無理でしょう。

2-③ 家族や恋人を説得できないなら転職しても成果は出ない
仕事にもパートナーは必要だから、人生のパートナーとうまくいかないのなら仕事もうまくいくはずもないと思ってください。

独身・彼女なしなら関係ないかもしれませんが、仕事をしていくうえで、男女関係なく人生のパートナーがいる場合はパートナーの協力も必要です。
生活があってからこその仕事なのです。そのパートナーの理解をもらえないなら、仕事もうまくいきません。

どうしてもダメなら副業から始めてみる

どうしてもダメなら副業から始めてみる
どうしても家族や恋人からの賛成を得られない場合は、副業をしてみてはいかがでしょうか?
今の環境を変えずに、収入を増やしたり、人脈を広げたりすることで今見えている世界は変わります。
もし、収入をアップしたいなら副業をすることで結果に直結しますし、スキルアップを目的とするなら色々な事にチャレンジできます。

副業で安定した収入を得る事ができれば、再度転職したいと説得しても結果は変わってきます。
もし、転職した結果、収入が減ったとしても副業から補填できるならチャレンジさせてあげたいと思ってもらえる可能性はあります。
副業で収入を得る事は、先ほど説明した女性にとっての「保証」なのです。
もしかしたら、副業が成功し起業する結果につながる可能性だってあります。

【まとめ】

家族や恋人に転職を説得する事で、自分自身がなぜ転職したいのか。これから先どんな仕事をしていきたいのかを再確認する事ができます。
言葉に出して整理する事で、冷静になって考える事ができます。

反対されたくらいで諦めるなら転職なんて最初から考えない。自分の意見を貫き通す。という男性はいるでしょう。
しかし、そういう人は仕事面においても独りよがりで、なんでも自分ひとりで出来ると勘違いしている人です。

色々な支えが合って今の自分がいると感謝の気持ちを忘れずに、相手の気持ちも理解した上で進める事で、家庭も恋人関係も、仕事もすべてうまくいきます。
ぜひ、参考にしてみてください。失敗しないための転職エージェントの選び方【経験談あり】

Related
最新情報をチェックしよう!