【年齢別】転職のベストタイミングを知る方法

ヘクシ
転職しようかな?でも迷うな。失敗しても困るしこのままでいいかな?でも転職したい気持ちになるな~。
🔽本記事の内容

  • 転職しようか迷う理由
  • 年齢別でベストな転職タイミング
転職で迷う理由は未来が見えないからです。
未来が見えないこともないけど、『明確な未来が見えたらいいのにな』と思うなら、今の会社で未来が見えないのだから自分で作っていくしかないんです。
転職してみるとゼロから新しい気持ちになるし、新しい気持ちになると未来とかやりたいことが見えてくることもあります。
生まれてすぐ素晴らしい人生にたどり着いてる人はいません。どこかで目標を見つけて素晴らしい人生にしていけばいいんです。
そのために働いている。

【新卒から3年未満】の転職ベストタイミング

【新卒から3年未満】の転職ベストタイミング

状態 新卒から3年未満での転職をする方を、「第二新卒」と言います。
求人票にも、「第二新卒歓迎」と書いてあるのをよく見ますよね?
あの第二新卒って、ここの範囲の方たちです。
第二新卒は、通常、ある程度スキルや即戦力を求められる中途採用の中で、
唯一、スキルや即戦力を求められにくい年齢での転職が可能となります。
企業側としては、社会人として最低限のルールを知り、まだ新卒同様、フレッシュな人材を育成できるという事もあり、割と歓迎されるタイミングです。
タイミング 3年目です。つまり、2年間は勤めた方がベストです。
NG 就職して1年未満での退職は、「すぐに諦める」「我慢が足りない」と判断され、あまり歓迎はされません。
私自身も、採用担当として書類選考を行う際は、新卒から勤続1年未満で退職を希望している第二新卒は、書類選考で不採用とします。
新卒から勤務1年未満の退職は、失業保険も受給できませんし、おすすめはしません。

【25歳~29歳】転職ベストタイミング

【25歳~29歳】転職ベストタイミング

状態 20代後半になると、就職して数年間勤務し、自分の将来について考える時期に入ると思います。
がむしゃらに仕事を頑張り、上司や先輩からのアドバイスをたくさん吸収し、自分なりのペースで仕事ができるようになってくる頃だと思います。
この頃になると、30代に向けて「何をやりたいのか」「どんなスキルアップをしたいのか」が明確になってくると思います。
この年齢層の転職者に求めている事は、「成果物」です。
新卒で就職し、何もわからない環境の中で、どんな事を学び、どんな前向きに取り組み、どんな結果を残したかが重要になってきます。
タイミング 採用する企業側としては、自信をもって自分の成果をアピールできる前向きな人物を求めます。
NG もし、何も成果物がないのなら、まだ転職のベストタイミングではありません。
しっかりと、自信をもってアピールできる成果物を用意してから転職活動をしてください。

【30歳~34歳】転職ベストタイミング

【30歳~34歳】転職ベストタイミング
«【最新版】30代向けの転職エージェントをチェック

状態 この時期に、キャリアチェンジを目的とした転職を希望している場合は、リミットが迫っていますので、とにかく急いでください。
企業側としての意見ですが、35歳以上の未経験の採用は、ほとんどありません。
20代に行ってきた仕事とは全く違う仕事をしたい!と考えているなら、一日でも早く転職活動をすることをお勧めします。
一方で、スキルアップを目的とした転職の方ですが、仕事内容については10年近くのキャリアがありますので、スキルは問題ないと思います。
そのスキルを活かして、転職を考える。そういう方も多いはずです。
自分の可能性をもっと広げたい!そう思って転職を決意される方です。
タイミング 転職に求められるのは、マネジメント力です。
NG 10年近くのキャリアがあるのに、役職はなく一般社員のままという方は、問題です。
このままでは、年齢が上がれば、上がるほど転職は厳しくなります。
現在の会社で、昇任試験を受けるか、1日でも早く転職活動をしてください。

【35歳~39歳】転職ベストタイミング

【35歳~39歳】転職ベストタイミング

«【最新版】30代向けの転職エージェントをチェック

状態 この年齢層での転職を考える方は、家庭の事情もかかわってくると思います。
自分やりたい仕事だけで転職する事は難しく、給与などの待遇面も考えなければなりません。
30代後半での転職を考える方は、過去実績としてマネジメント経験があることが必須条件です。
つまり、何らかの役職についている事が必須条件なんです。
企業は、30代後半の方を採用する場合、新卒や20代の中途採用、そのほかに、既存でいる従業員の上司として採用するはずです。
自分が20代の頃に、上司として中途採用で入ってきた上司はいませんでしたか?
即戦力となることはもちろん、人間力も必要なはずです。
すでに、今の会社で、プロジェクトリーダーや、課長や係長などの役職がある方は、今がベストな転職タイミングだと思います。
今まで積み重ねてきたスキルを即戦力として、新しい職場でも上司として部下をマネジメントするする事ができます。
スキルアップとしてはもちろんのこと、年収などの待遇面でも好条件で転職する事ができるでしょう。
タイミング 今の会社で、プロジェクトリーダーや、課長や係長などの役職がある方は、今がベスト
NG 役職もなく、マネジメント経験がない方で、転職を考えているならば最後のチャンスです。40代になってからの転職は極めて不可能だと考えてください。
迷っている時間はないので、1日でも早く転職活動を行ってください。

【40歳以上】転職ベストタイミング

【40歳以上】転職ベストタイミング

状態 この年齢層は、管理職から管理職への転職だと思います。
転職者としても、好条件での転職が必須条件になりますし、企業側としても、年齢や実績を考慮して採用しなければなりません。
求人サイトでは、管理職の求人の数は少なく、ほとんど見つけるのは困難でしょう。
専門的な知識・スキルがあることを前提に、管理職の求人を出す企業側は、求人サイトでは出しません。
また、ここまでくると、欠員が出る事も稀で、求人数自体が極めて少ないです。
自分に好条件の求人が出てくるまで、探し続ける事が必要になってきます。希望する業種に強い転職エージェントに登録をして、気長に探してください。
転職エージェントに求人案件を提示されたら、その求人が、今の自分の会社の待遇や状況、すべてとしっかりと比べ、転職する価値があるかどうかを
見極めてください。
タイミング 自分が得意としている職種、もしくは現時点で就いている職種で、年収アップなど、確実に好条件の転職先に出会えた場合のみ転職してください。職種や業務内容のチェンジはリスクが高すぎます。
NG  いずれ年収アップが期待できる転職先であっても、転職時に年収が下がるのであればおすすめはしません。
酷な言い方ですが40代以降の転職は、将来に期待するだけの十分な時間はありません。
 

【50歳以上】転職ベストタイミング

【50歳以上】転職ベストタイミング

状態 本当に転職が必要なのかをもう一度考えるべきです。
50代以降の転職は、どれだけ経験豊富で実力があっても相当厳しい状況です。
50代以降の転職において、今より好条件の転職先に出会える確率は限りなく低いので注意が必要です。
タイミング 確実に好条件になる転職以外はする必要がない
NG 50代での転職は、正直お勧めしません。定年までの勤続年数はどうしても短くなるため、退職金もとても少なくなります。
Related
最新情報をチェックしよう!