書類選考で不採用になる理由は1つだけ【知れば結果が変わる】

こんにちは、人事採用担当のヘクシです。
今は企業の人事として働いていますが、実は転職を何度も繰り返した経験があります。

転職活動は、企業への応募から始まります。
最初は、応募すれば当然のように書類選考を通過し、面接に進み、内定をもらえるものだと思っていました。
だから、書類選考で不採用になるなんて想像もしていませんでした。

実際、転職活動を始めてみると内定おろか、書類選考の通過ですらまともにできずスタート時点で挫折をします。応募しても応募しても不採用のお祈りメールばかり。
書類選考で不採用になると門前払いをされた気持ちになり、自分が必要のない人間に思えてきます。

しかし、書類選考で不採用になってしまう原因に気付けた時から、劇的に通過率が上がりました。
書類選考で不採用が続き、「もう、どうしたらいいか分からない」と思う方はたくさんいると思います。
そういった方に参考にしてもらえればと思います。

【目次】

  1. 書類選考で不採用になる理由
     ①企業が求めている人材は「即戦力」
     ②求められているスキルと持っているスキル
  2. 書類選考で不採用にならないようにやるべきこと
     ①企業がどんな人材を欲しがっているのかを把握する
     ②求められている人材が分かれば応募する会社選びが変わる
  3. 書類選考で不採用が続く人が今やれること
     ①持っているスキルを少しレベルアップさせる
     ②育成枠の求人を狙う
  4. 書類選考で不採用にならない応募書類は実在する
     ①私が実践して結果が出た応募書類の作り方
     ②1度内定が出ると何社でも内定がもらえる
     ③転職エージェントをうまく活用する

書類選考で不採用になる理由

書類選考で不採用になる理由
すごく簡単な理由です。それは、企業が求めている人材を理解していないからです。
企業が求めている人材なんて分かる訳ないと思うかもしれませんが、そんな事ありません。知ろうとしていないだけです。

①企業が求めている人材は「即戦力」

中途採用で企業が求めている人材は、「即戦力」になる人材です。当たり前と思われるかもしれませんが、これが現実です。即戦力と言っても、企業がどの程度のレベルの即戦力を求めているかはそれぞれです。
要するに、その企業が求めている即戦力に自分が持っているスキルと経験が一致していればいいという訳です。

②求められているスキルと持っているスキル

企業が求めているスキルをあなたが持っているかどうかが鍵になります。そもそも、そのスキルをあなたが持っていないのなら、いくらアピールしても企業には響かないでしょう。
もし、企業が求めているスキルとあなたの実力が違いすぎる場合は、応募する会社選びに間違いがあります。その場合は、会社選びを見直すかスキルアップが必要になります。

今、問題としている事は、「持っているのにアピール出来ていない人」についてです。

企業が求めているスキル把握できていないばかりに、アピールするポイントを間違えていては宝の持ち腐れです。
書類選考でアピールするポイントは、企業が求めているスキルや経験をしっかりと応募書類に詳しく書けているかという事です。ここが書類選考で通過できるかどうかの鍵になります。

書類選考で不採用にならないようにやるべきこと

書類選考で不採用にならないようにやるべきこと
大前提として、「応募書類の内容は企業によって変える」という事が大切です。
よく、志望動機さえも同じ内容で応募している人がいますが、間違いなく書類選考で不採用になる原因です。
少なくとも「志望動機・得意なスキル・実績」は必ず、企業に合わせて変えるようにしてください。

①企業がどんな人材を欲しがっているのかを把握する

企業がどんな人材を欲しがっているのかどうかは、必ず求人票に書いてあります。
「スピード」「正確さ」「コミュニケーション」「解決力」「マネジメント力」このように、どんな能力を求めているのかが必ず書かれています。この求めている能力は、応募資格に追加して評価されます。

応募資格に、「○○経験○年以上」「大卒以上」「○○資格保持者」など様々な応募資格が書かれていると思いますが、それは必須条件。その条件をクリアした人材で、さらに求めている人材がある事を覚えておいてください。

◆架空の求人で具体的に読み解いてみましょう。

  • 例)株式会社○○フーズ
  • 勤務地:○○駅 給与:月給25万円以上 賞与:年2回 休日:週休完全二日制
  • 応募資格:大卒、簿記2級または、実務経験3年以上

ほとんどの人が、勤務地や給与、待遇など自分の条件に合っているかを見た後に、応募資格を満たしているかを確認し、満たしていれば応募しますよね?

しかし、ここでポイントなのが、企業が求めている人材が何か?という事です。
実は、応募資格の「大卒、簿記2級または、実務経験3年以上」というのは最低条件であり、それにプラスして求めている部分があります。
それが、企業のアピールポイントなど求人票に書かれています。

  • 現在、経理部には5名在籍しています。
  • 間違いは許されない部署の為、大変な事もありますが協力し合って仕事をしています。
  • 私たちと一緒に楽しく働きませんか?

こんな文章が求人票に企業のアピールとして書かれているのを見た事はありませんか?この文章から読み取れる欲しい人材が分かります。

  • 「間違いは許されない部署」=正確・慎重な仕事ができる人材
  • 「協力し合って仕事をしている」=一人ではなく仲間と仕事が出来る協調性をもった人材

この二つが読み取れます。
■この場合、応募書類に記載するべき内容はこちらです。

  • 「大卒」「簿記2級もしくは実務経験3年以上」「正確・慎重」「協調性」

応募書類に、この4つのキーワードを入れて応募する事で、企業が求めている人材だと書類で分かる事になります。
応募書類に組み込む方法は、「得意な事」や「志望動機」「アピールポイント」など、様々な場所で積極的に入れ込んでいけばいいのです。

企業が求めているのは、協調性をもって慎重に正確な仕事が出来る人材なのに、仕事のスピードが速いとアピールしても意味がありません。
また、大卒、簿記2級を持っている人はいくらでもいます。
書類選考で他の人よりも目立ち、書類選考を通過するには、応募資格を満たしている事はもちろん、企業が求めている人材であると大きくアピールする必要があります。

②求められている人材が分かれば応募する会社選びが変わる

企業がどんな人材を求めているかが分かれば、あなた自身が働きやすい会社であるかも分かるようになります。
コミュニケーションを必要とする会社に、コミュニケーションが苦手な人が入社しても働きにくいだけですよね?

また、コミュニケーションが苦手なら応募しても内定をもらえる確率は低いでしょう。
求人票でコミュニケーションが必要な事は容易に知る事が出来ていたのに、そのポイントに気付かないでいると「無駄な応募」「無駄な不採用」となります。
「無駄な応募」は、時間の無駄。「無駄な不採用」は、無駄にモチベーションを下げる事に繋がります。

あなた自身持っている正確やスキルを理解し、あなたの得意とするスキルを求めている企業を見つける事で、入社した後の働きやすさが大きく変わります。
転職は内定をもらう事が目的ではなく、入社後に活躍できるかどうかが重要です。
企業が求めている人材を知る事で、働きやすい職場を選んで応募する事が出来ます。

書類選考で不採用が続く人が今やれること

書類選考で不採用が続く人が今やれること

①持っているスキルを少しレベルアップさせる

いくら応募しても書類選考で通過できないなら、もともと持っているスキルが足りない可能性があります。
もちろん、自分が希望する条件を妥協すれば入れる会社もありますが、その場合はお給料や待遇面も下がってしまいますよね?
そこで今すぐできる事が、スキルアップです。

例えば、Excel初級レベルを中級レベルにアップさせる。
英会話レベルを上げる。
これは、今すぐ勉強出来る項目であり、一人で出来ます。そして、レベルアップした内容を応募書類に反映する事が出来ます。
転職活動をしながらでも出来る努力は、何でもやりましょう。

②育成枠の求人を狙う

もし、スキルアップが難しければ入社してからレベルアップが出来るような企業に入社しましょう。
システムエンジニアやプログラマーなどの人材が足りない職種においては、少しでも人員を確保するために未経験から雇入れ、会社で育成してくれる採用枠があります。
自分で勉強が難しければ、思い切って育成枠がある企業に入社し、それからスキルアップ・年収アップを目指してください。

書類選考で不採用にならない応募書類は実在する

書類選考で不採用にならない応募書類は実在する

①私が実践して結果が出た応募書類の作り方

◆私が応募書類を作るうえで気を付けた事は、この3項目です。

  • 持っているスキルのレベルアップをし、応募書類を常に更新した。
  • 企業ごとに応募書類を変え、企業が求める人材であることをアピールした。
  • すぐに即戦力になれるというアピールをした。

この3つを応募書類に居れた事で、私の書類選考通過率は劇的に上がりました。
人事担当が応募書類を見る時間は、長くて「5分」です。その限られた時間の中で、企業が求めている人材にマッチする事をアピールするには、分かりやすく応募書類に書く必要があります。

◆人事担当が必ず見る3項目

  • 学歴&職歴
  • 持っているスキル&資格
  • 志望動機

その他の項目はほぼ流し見するだけです。
よく特技に「野球」や「テニス」と言った仕事と関係のない事を書く人がいますが、全く意味がありません。
正直、スペースがもったいないです。
だったら、企業が求めている人材だとアピールできる内容を書いた方が、100倍目に留まるでしょう。

②1度内定が出ると何社でも内定がもらえる

書類選考に通過できるコツをつかむと、今までの不採用が嘘だったかのようにどんどん通過連絡が来ます。
自然と面接も多くなり、チャンスが多い分、内定も獲得できるようになります。
1社内定が出ると自分に自信がつき、どんどん内定を獲得できます。
面接で不合格が続く人は、こちらを参考にしてください。参考:面接で不採用が続く原因がわからない【チャンス有り】

③転職エージェントをうまく活用する

応募書類に自信がないというという方は、転職エージェントを利用してください。
転職エージェントは、【完全無料】で利用できる転職活動のサポートサービスです。転職エージェントには、通常の転職サイトには掲載していない非公開求人も多くあり、魅力的な求人がたくさんあります。
転職エージェントのサービスの中で今回利用して欲しいのが、【応募書類の添削】です。

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーが相談・アドバイスをしてくれますが、実は応募書類の添削もしてくれます。
応募書類を見てもらい、アピールするべき項目や削除するべき項目など細かく教えてくれます。
実は私も転職エージェントの応募書類の添削サービスを利用しました。

最初は誰だって分からない事ばかりです。まずは、転職エージェントを利用して応募書類を作成してみましょう。参考:失敗しないための転職エージェントの選び方【経験談あり】

【まとめ】

書類選考で落ち続けると自信を無くしていきます。
自分に価値がないのか?と落ち込んでしまう人もいるでしょう。

でも、あなたに価値がないのではなく、受かる応募書類の作り方を知らないのが問題なのです。
魅力的な求人と出会う確率はとても低いです。
自分が理想とする企業に入社したいと思ったら、出会った求人を確実にものにしていくしかありません。

同じ求人は2度とありません。なぜなら、魅力的な会社はなかなか人が辞めないからです。
その限られた採用枠に自分が入るには、しっかりと戦略を練って応募する必要があります。

自分が理想とする求人がいつ掲載されるか分かりません。明日かもしれません。
そのチャンスを無駄にしない為に、今から「受かる応募書類」を作成しましょう。

一人で作れないなら、今すぐ転職エージェントに登録をして作り方を学んでください。
無料で教えてくれます。とりあえず、登録して応募書類だけでも準備しておきましょう。
もうチャンスを無駄にしないために。

Related
最新情報をチェックしよう!