【就活・転職】新型コロナウイルスで「内定取り消し」どうすればいいの?

こんにちは、ホワイト企業で人事採用の仕事をしているヘクシです。
新型コロナウイルスの影響で「内定取り消し」という言葉が世間を騒がせています。
一部の企業では、実際に内定取り消しをしたというケースもあり、就活生は不安な日々を送っている事でしょう。

先日こんなツイートをしました。

新型コロナは、「パンデミック」この状況での採用は難しい。
今後が不透明な状況で採用計画を立てる事も、内定を出す事も。
世間では、内定の取り消しが話題になっているけど、そもそも正当な理由がないと出来ない。
正しい情報と知識を得る事は自分を守る事につながる。忘れないで欲しい。

さて、新卒・中途の採用において一度出した内定を簡単に取り消していいものなのか。
もし、自分が内定取り消しにあったらどうすればいいのか、一度考えてみましょう。

【目次】

  1. 新型コロナウイルスを理由に内定の取り消しをしてもいいのか?
  2. もし、コロナを理由に内定の取り消しをされたらどう対処すればいいのか
  3. コロナを理由に内定を取り消すような会社に入社する事は正解なのか?
  4. コロナの影響を受けにくい内定取り消しがない業種に変更する

新型コロナウイルスを理由に内定の取り消しをしてもいいのか?

新型コロナウイルスを理由に内定の取り消しをしてもいいのか?
まず、先に結論を言いますが、「内定の取り消し」はそう簡単にできません。
コロナウイルスの影響を受けて、企業の経営が傾いてしまったとしてもすぐに内定取り消しが出来るものではないのです。

「内定」を出し、それを承諾した段階で、企業と内定者の「労働契約」は成立しています。
つまり、一方的に内定の取り消しをすることは、「解雇」と同じ扱いになります。
会社が労働者を解雇する場合、正当な理由がないと認められません。
内定者はすでに労働契約を結んでいる事になり、法的な保護が適用されます。

どういう時に内定の取り消しが可能になるのか?

  • 新卒採用をしたのに内定者が大学を卒業できなかった
  • 内定後に、内定者が病気やケガによって正常な業務が出来なくなった場合
  • 内定後に転職者が逮捕された場合
  • 内定者が申告した経歴や学歴の重要部分に虚偽があった事が判明した場合

このように内定時には会社が知る事が出来なかった理由で、業務に影響を与える場合は内定を取り消しても社会的に相当であるという判断になります。

経営問題で内定取り消しの場合が可能な場合もある

内定後の事情から、内定者を雇い入れると人件費が経営を圧迫し、既存の社員を解雇せざる得ないと分かりきっている場合は、それを回避するために内定取り消しもやむを得ない。

【注意】

内定取り消しに値する正当な理由があった場合でも、内定者に対して十分な期間を持って説明を行う配慮は必要であり、突然、経営悪化を理由に内定を取り消す行為は、内定者への配慮を欠くものとして損害賠償の対象になる可能性があります。

一方的に入社ギリギリになって内定取り消しの連絡をしてくるという事自体あり得ないのです。
もし、客観的に合理的でもない理由での内定取消や、社会通念上相当として認められない理由で内定取消が行われた場合は、その取り消しは無効となります。

コロナウイルスを理由に内定の取り消しをされたらどう対処すればいいのか?

コロナウイルスを理由に内定の取り消しをされたらどう対処すればいいのか?
まず、企業から内定の取り消しを受けてもむやみに承諾せず、必ず返事は保留にしましょう。
内定取り消しを受けた直後は冷静な判断が出来ません。
受け入れる、受け入れない、どちらにしてもすぐに返事をすることは決して行わないようにしてください。

まずは、内定取り消しが正当な理由なのかを確認する。

就職・転職などで転職エージェントなどを利用していた場合には、エージェントに相談をしてみましょう。
ハローワークなどの公的機関でも相談に乗ってもらう事は可能です。
しかし、入社までに時間がない時は取り消しをしてきた企業に執着せず、視野を広げ違う道を探すべきです。

【朗報】内定取り消しを受けたからこそ、入れる会社もある。

コロナの影響で内定取り消しを受けた学生を対象に、採用計画が終了していた企業が、採用枠を増やし急遽募集を再開しています。
通常であれば入社する事が困難なハイレベルな企業が、社会貢献度を高める為に、内定取り消しを受けた学生を限定に採用するという取り組みもあります。

一つの企業に固執せず、色々な角度から物事を見るようにしてください。一発逆転になるかもしれません。

①内定取り消しの企業にどうしても入社したい
入社直前に内定の取り消しをされても、他社への就職が困難な場合は、「従業員としての地位」を訴える訴訟を起こす事が出来ます。認められれば、内定取り消しが無効となり入社する事もできます。しかし、一旦内定を取り消ししてきた会社で一生働きたいと思うかどうかは疑問です。
どうしてもその会社ではないと出来ない事が無い限りは、他の会社に変更した方が良いかもしれません。

②内定取り消しに対する損害賠償請求
内定を取り消してきた企業には入りたくはないが、取り消した事に対して何かしらの形で再就職までの保障が欲しい場合は、内定取り消しに対する損害賠償請求が可能です。
内定によって労働契約が成立していたことが認められれば、認められる可能性はあります。
しかし、弁護士などへの相談や時間と労力が必要になるため、すぐにお金が欲しい。この状況を改善したいという人には難しいかもしれません。

【注意】内定先企業から内定辞退を迫られる。※稀にある

内定の取り消しをすると企業に悪いイメージがついてしまう事から、会社都合ではなく内定者都合で内定を取り消す為に、内定辞退を迫ってくる会社があります。
もちろん、強制されても自ら内定を辞退する必要はありません。間違っても書面にサインはするべきではありません。
しかし、そんな会社に入りたくないと内定者が思えば、早めに気づけて良かったと思い、内定辞退する選択肢もあります。

コロナを理由に内定を取り消すような会社に入社する事は正解なのか?


コロナウイルスの影響で経営が傾くような会社は、今後また同じ状況になる可能性があります。
すぐに経営が傾いてしまうような不安定な会社に入社する事が必ずしも正解とは限りません。
簡単に内定の取り消しを出すという事は、コンプライアンスをしっかりと守り経営している企業ではありえない事です。

もし、内定の取り消しが無効になりその会社で働く事が出来るようになったとしても、厳しい労働環境に置かれるリスクを伴います。
長時間労働に悩まされたり、40代、50代になってから解雇されたりする可能性だってあります。
むしろ入社する前に気づけて良かったと前向きに考える方がいいと思います。

内定取り消しは、今後の就活・転職に響かないので安心してください。

コロナウイルスによる影響で内定を取り消しされてしまったという事実は、どの視点から見ても内定者に非はありません。つまり、今後、新しい就職先を探すとしても何ら影響はありません。
むしろ、内定を獲得していたという事で優秀な人材なのかも?と評価が上がる可能性はあります。
これからの事を恐れて行動しないより、新しい未来に向かってぜひ行動してください。

あらたに就職・転職する企業探しなら、ぜひ転職エージェントを利用するべき

転職エージェントは、完全無料で転職活動をサポートしてくれます。どうしようと悩んでいても、解決策は見つかりません。すぐに登録し、今ある自分の状況をキャリアアドバイザーに相談してください。
内定をもらっていた企業よりも好条件で入社出来る企業が見つかるかもしれません。
転職エージェントには、求人サイトには掲載していない未公開求人も多く取り扱いがあります。
諦めずに行動する事が今、一番大切な事です。参考:失敗しないための転職エージェントの選び方【経験談あり】

コロナの影響を受けにくい内定の取り消しがない業種に変更する

コロナの影響を受けにくい内定の取り消しがない業種に変更する
コロナウイルスの影響を全く受けずに、通常通り仕事が出来ている企業もあります。パンデミックが起こったとしても、在宅勤務などフレキシブルに対応できる業種に変更して就職する事も考えてみるのもいいと思います。

◆新型コロナウイルスの影響を受けやすい業種
人や物の移動により影響を受けやすい航空業界、外食産業、小売業、貿易などは大きく影響を受けています。
パンデミックがあるたびに打撃を受け、そのような状況になったとしても会社に通勤しなければ仕事が出来ません。

◆新型コロナウイルスの影響を受けにくい業種
IT関係、通信、ゲーム業界といった業種は影響を受けにくいです。
また、ネット環境さえ整っていればテレワーク等の在宅で仕事をすることが可能であり通勤をすることなく仕事が可能です。

テレワークなどの働き方は、政府が推奨しており今後さらに広まっていく働き方の一つです。
働い方改革が進み、色々な働き方が生まれています。
もちろん、影響を全く受けない業種と言うのはないので、自分で対策をするというのも必要になるでしょう。

副業として、プログラミングなどのスキルを身に着け、本業とは別に副収入を得る事も一つの方法です。
これからは、すべて会社が守ってくれるような時代ではありません。
どんな状況でも自分の生活を守っていけるように、自分に出来る対策が必要です。参考:【女性】プログラミング初心者の私でも出来るLPの作り方

【まとめ】

新型コロナウイルスの影響で、ここまで経済に影響が出る事は誰もが想定していませんでした。
たまたま就職を控えたタイミングで影響を受けた事は、とても残念です。
あと1年遅かったら・・・と考えてしまう事もあるかもしれません。

しかし、こうなったのも運命です。
今、この危機に直面したタイミングで就職先をもう一度考え直す事が出来るのですから、むしろラッキーだと思った方が良いかもしれません。
将来は自分で決める。会社に振り回される事なく、職業を自分で選び、自分で道を切り開けばいいのです。

会社に依存する事で、このような状況になった時にすぐにダメージを受ける事になります。
内定取り消しに関しても知識があれば回避できるし、対応策はいくらでもあります。
知識がないという事はそれほど怖い事なのです。

正しい情報と正しい知識を身に着け、自分を守るよう努力する事はこれからも必要だという事を忘れないでください。

Related
最新情報をチェックしよう!