ハローワークで失業保険の手続きと受給までの流れ【意外と知らない制度有り】

ヘクシ
失業保険って言葉は知ってるんだけど実際にどうすれば受給できるのかな?失業保険以外にも何か制度があるのかな?
🔽本記事の内容

  • 失業保険がもらえる期間ともらえる金額。
  • 失業保険の受給前・受給途中に再就職が決定したら。

失業保険は、自分で手続きをしなければ絶対にもらえません。
一定期間の雇用保険加入履歴があれば、失業中もらえるお金が、失業保険です。
雇用保険は会社に入社すれば自動的に給与明細から差し引かれているのに、失業保険をもらうには自分で面倒な手続きをしなければもらえないなんて理不尽ですよね。

ハローワークでの失業保険について。

ハローワークでの失業保険について。
失業保険を受給するにはいくつかの条件が必要です。

ハローワークで失業保険の受給資格があるか確認しよう。

離職前2年間に11日以上
働いた月が満12カ月以上あること。
※ただし、会社都合による退職の場合は満6カ月以上であること。
「失業の状態であること」が必要。
3つすべて該当している事。
  • 積極的に就職する意思があること
  • いつでも就職できる状態であること
  • 現在、仕事を探しているにもかかわらず、職業に就く事ができていない

以上の条件が自分に当てはまっているかを確認してください。
離職後、妊娠・出産・育児や、病気などすぐに就職できない場合は、受給期間の延長の手続きを行い、再就職が可能な状態になってから、受給手続きを行ってください。

必要書類を揃えよう。

雇用保険被保険者離職票 離職票は、退職した会社から発行されます。退職時に離職票の発行を事前に依頼しておくとスムーズに発行してくれます。もし、届かない場合は、管轄のハローワークに相談をするか、退職した会社にすぐに発行してもらえるように連絡をしましょう。
個人番号確認書類(いずれか1種類) マイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載のある住民票(住民票記載事項証明書)
身元確認書類(いずれか1種類) 運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、官公署が発行した身分証明書・資格証明書(写真付き)
写真 最近の写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.5cm(2枚)
印鑑 何でもOKですがシャチハタ不可
本人名義の預金通帳
又はキャッシュカード
一部指定できない金融機関があります。ゆうちょ銀行は可能です。

ハローワークでもらえる失業保険の期間と金額。

【給付開始の時期】 離職理由により、給付が始まる時期が異なります。
(1)正当な理由がなく自分の都合で
退職した時
「待機期間7日間」+「給付制限3カ月」が経過してから支給が開始。
(2)自分の責任による重大な理由により
解雇された時
「待機期間7日間」+「給付制限3カ月」が経過してから支給が開始。
(3)会社の倒産や会社都合の解雇の場合 「待機期間7日間」が経過してから支給が開始
【受給期間】 被保険者であった期間や離職理由、年齢などにより異なります。
(1)自己都合・定年・契約期間満了
などによる離職者
  • 被保険者期間 10年未満→90日
  •  

  • 被保険者期間 10年以上20年未満→120日
  •  

  • 被保険者期間 20年以上→150日
(2)倒産・解雇(懲戒解雇を除く)
などによる離職者
  • 年齢にかかわらず、被保険者期間が1年未満→90日
  •  

  • 年齢と被保険者期間により、90日~最大で330日

 該当する方は、ハローワークで詳しく日数を調べてもらう事をお勧めします。

【受給金額】 離職前にもらっていた給与額により異なります。
離職前6カ月間の賃金の1日当たりの金額のおよそ45%~80%です。
毎年、給付額については見直しが行われています。
ハローワークで受給資格の手続きを行った際に、自分の1日当たりの給付額が決定します。
その給付額×給付日数がもらえる失業保険の総額です。

ハローワークで手続きから受給までの流れ。

ハローワークで手続きから受給までの流れ。

手続きできるハローワークは地域により異なる。

お住まいの地域(住所)により、管轄しているハローワークは異なります。
自宅から一番近いハローワークとは限りません。
管轄が違うハローワークに行っても、手続きは出来ませんので事前に調べてから手続きをしに行きましょう。

受給資格決定。

初めてハローワークに行く方でも安心です。
分かりやすく経路が表記されています。わからない事があれば、受付があるので気軽に聞く事ができます。
求職申込をし、必要書類を提出します。
受給資格確認後、雇用保険受給資格者のしおりを受け取り、受給説明会の日時の指定があります。

※注意していただきたいのは、来所日時は事前に決定します。 やむを得ない事情以外での日時変更は、原則認められません。

来所日時を守って来所しないと受給はできませんので、忘れずにきちんと来所してください。

受給説明会。

指定された日時に開催される受給説明会に参加します。
その日に、「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」を受け取れます。
また、次の認定日も決定します。

説明会では、失業保険についての講習と、ハローワークでの求人検索についてなどの説明があります。
また、年金事務所の職員が出向いてくれることもあります。
説明会後、直接国民年金の相談をすることができます。
失業中で年金の支払いが困難な方は、職員に直接相談する事もできます。

ハローワーク窓口で求職活動。

失業認定を受けるまでの間、ハローワーク窓口で職業相談や、職業紹介を受ける必要があります。
次の認定日までに、決められた回数の転職活動が必要となります。

転職活動は、ハローワーク以外の活動も認められます。
転職サイトで求人を検索しただけでは認められずNGです。
実際にハローワークでの求人応募や、転職エージェントに登録&訪問が対象となります。
«【最新版】30代向けの転職エージェントをチェック

ハローワークから失業認定を受ける期間

原則として、4週間に1度、失業認定(失業状態であるかの確認)を行います。
認定機関には、その期間ごとに必要な転職活動の回数が決められています。
その、転職活動の回数が達していない場合は、転職活動をしている事が認められず認定されません。

転職活動は、ハローワークでの転職活動のほかに転職サイトからの応募や、転職エージェントからの応募が対象となります。
実際に転職活動をしていると、ハローワークだけではなかなか内定を獲得できない場合が多いです。
転職サイトと転職エージェントも併用して転職活動を行いましょう。

失業保険の受給

待機期間と給付制限が経過し、失業認定も無事にクリアできたら、受給開始となります。
所定の日数分、給付金を受給する事ができます。
給付金の振り込みは、認定事に分けて振込されます。
一度に全額もらえる訳ではないので注意してください。

ハローワークで失業保険の受給前・受給途中に再就職が決定したら。

ハローワークで失業保険の受給前・受給途中に再就職が決定したら。
失業保険(給付金)の受給開始前、または受給途中に再就職が決まった場合は、再就職手当がもらえます。

再就職手当。

  • 支給残日数 2/3以上→支給残日数×70%
  • 支給残日数 1/3以上→支給残日数×60%

※基本手当日額の上限・・・6,105円 (60歳~64歳までの方は、4,941円)

すぐに再就職を決めるつもりでも、手続きをすれば再就職手当がもらえます。
ハローワークでしっかりと手続きをしましょう。

就業促進定着手当。

再就職手当を受給した人が、引き続きその再就職先に雇用保険の被保険者として6カ月以上雇用され、かつ再就職先で6カ月の間に支払われた賃金が、雇用保険の給付を受ける直前の賃金に比べて低下している場合は、就職促進定着手当がもらえます。

  • 再就職先の1日の賃金額を(A)とする
  • 離職前の1日の賃金額を(B)とする

支給額=(B-A)×再就職日から6カ月間内における賃金の支払いの基礎となった日数

上限はありますが、再就職する前と後で、賃金が下がってしまった場合にも
差額を就業促進定着手当としてもらえる制度もあります。
知らなければ、受給申請をせず、もらえるはずのお金をもらえないという事になります。

まとめ

  • ハローワークで失業保険の受給資格があるか確認しよう。
  • 手続きできるハローワークは地域により異なります。
  • 転職サイトで求人を検索しただけでは認められずNGです。
  • 4週間に1度、失業認定(失業状態であるかの確認)
  • 再就職が決まった場合は、再就職手当がもらえます。

普段当たり前のように、給与から控除されている雇用保険料ですが、しっかりとしたメリットがある保険です。

失業保険という言葉は知っていても、実際にどうすれば受給できるのか
また、失業保険以外にどのような制度があるのかは意外と知らないものです。

しっかりと知識をつけ、賢く転職活動を行いましょう。

Related
最新情報をチェックしよう!