正社員になりたいけど、人間関係に不安を感じる人は紹介予定派遣

こんにちは、ヘクシです。
現在、企業の人事採用担当として働いています。

今まで何度も転職を繰り返しており、派遣社員と紹介予定派遣どちらも経験があります。
派遣や紹介予定派遣は、メリットも多いですがやはり正社員に比べると不安も多いですよね。

しかし、人間関係で悩んで退職したことがある人にとっては、
正社員になる前に職場の人間関係や環境を知れる事は大きなメリットになります。

今回は、紹介予定派遣に絞ってメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

1.紹介予定派遣のメリット

  • ① 職場の環境や業務内容、人間関係を知ることができる
  • ② 派遣会社が交渉・調整をしてくれる
  • ③ 転職活動のハードルが低い

2.紹介予定派遣のデメリット

  • ① 必ず正社員になれる訳ではない
  • ② 正社員になったときの給与がわからない
  • ③ 有給休暇の取得が遅くなる

3.紹介予定派遣にこだわらず、正社員も視野に入れて転職活動をする

1.紹介予定派遣のメリット

1-① 職場の環境や業務内容、人間関係を知ることができる

紹介予定派遣とは、簡単にいえば「お試し期間」つきの直接雇用といったところでしょうか。
昨今、転職に対するハードルがどんどん低くなってきており、入社してもすぐに辞めてしまう人が増えてきています。
就業者にとっても、企業にとっても、入社後すぐの退職はデメリットとなってしまいます。
そんなデメリットを解消するべく採用されたのが「紹介予定派遣」です。
最長6カ月のお試し期間を経て、就業者と企業それぞれが直接雇用するかどうかを決定します。
就業者にとっては、直接雇用の前に人間関係や、仕事内容を知ることができます。
もし、人間関係が合わなかった場合は直接雇用を断る事ができ、納得して入社する事ができます。

1-② 派遣会社が交渉・調整をしてくれる(派遣会社の選び方)

紹介予定派遣として就業している間の雇用先は、派遣会社となります。
そのため、派遣会社の従業員が自分の担当としてついてくれます。
派遣先で悩みがあった場合などは、派遣会社の担当に相談する事ができます。

また、お試し期間終了後、直接雇用となる際も条件面などを担当の人が交渉してくれます。
自分ではなかなかいいにくい事は、派遣会社の人が変わりに交渉してくれるのはとても心強いです。

【重要ポイント】

派遣会社は、その職種によって得意分野が異なります。
自分が希望する職種に強い派遣会社を選ぶ事で、紹介してくれる企業の数や、仕事内容の豊富さが変わります。
まずは、自分の希望職種に強い派遣会社を探す事から始めてください。

1-③ 正社員への転職活動のハードルが低い

何といっても最大のメリットは、転職活動のハードルの低さです。
もちろん、通常の派遣社員よりも難易度は高く、書類選考も面接もあります。
しかし、企業に直接応募する正社員よりも面接回数も少なく、面接には派遣会社の担当が同席してくれます。

派遣先企業の事をよく分かっている派遣会社の担当が、
面接をクリアするためのポイントなど事前に教えてくれますし、言葉に詰まったときなどは手助けもしてくれます。
面接が苦手な人にとっては、とても心強いと思います。

2.紹介予定派遣のデメリット

2-① 必ず正社員になれる訳ではない

紹介予定派遣のお試し期間は、就業者にとっても企業にとっても同じです。
紹介予定派遣中、企業側は直接雇用をしたい人材か判断をする期間でもあります。

そのため、就業者が直接雇用を希望しても、企業に断られてしまう可能性もあるという事です。
また、直接雇用=正社員とは限りません。

契約社員の可能性もありますし、アルバイトやパートの可能性もあります。
正社員前提の紹介予定派遣なのか、直接雇用前提の紹介予定派遣なのかで大きく変わります。
しっかりと見極めて派遣先を決めないと、6カ月を無駄にしてしまう事もありますので注意が必要です。

2-② 正社員になったときの給与がわからない

紹介予定派遣を契約する際は、派遣として勤務するため時給契約です。
そのため、契約時に派遣社員としての時給提示はしっかりとあります。

しかし、6か月後の直接雇用時の給与の提示はされない事がほとんどです。
直接雇用を希望している人にとっては、派遣終了後のお給料は気になりますよね?
ですが、企業としては能力を見極めてから直接雇用するかどうかを決める為、派遣契約時の提示は難しいのです。

大体の給与を聞く事もできますが、給与ばかり気にしていると思われて面接で不採用になる可能性もあります。
派遣会社の担当に大体どのくらいなのかを聞く事もできますが、
未来の雇用条件の為、はっきりと教えてくれる事はありません。
一か八かになってしまいますが、派遣社員として勤務している間に少しでも給与アップを目標に頑張ってアピールするしかないと言えます。

2-③ 正社員として入社するよりも有給休暇の取得が遅くなる

有給休暇は、雇用開始から6カ月で付与される企業がほとんどです。
紹介予定派遣として勤務する6カ月は派遣会社での雇用となりますが、直接雇用となった場合派遣先での雇用に切り替わります。そのため、同じ企業で勤務していますが雇用先が違う為、一度リセットされてしまうのです。
つまり、有給休暇の取得が可能となるまで通常6カ月の所、1年かかってしまうので注意が必要です。

3.紹介予定派遣にこだわらず、正社員も視野に入れて転職活動をする


ここまで紹介予定派遣のメリットとデメリットを紹介してきました。
これから紹介予定派遣に挑戦してみようと思った方も多いと思います。

しかし、伝えておかなければならない事があります。
それは、派遣社員にくらべて紹介予定派遣は圧倒的に数が少ないことです。

紹介予定派遣は、派遣社員にくらべて人気も高く希望する人が多いです。
そのため、競争率も高くなかなか面接までたどり着くことができません。

そこで、同時に行って欲しいのは直接雇用の正社員での転職活動です。
冒頭に説明した人間関係の悩みを抱えている人には難易度は高いかもしれませんが、
いくら魅力的な紹介予定派遣でも、一向に派遣先が決まらないなら意味がありません。

少しでも入り口を広げる為に、転職サイトや、転職エージェントでの正社員への転職活動も試してみてください。
思いがけず、希望通りの企業に出会えるかもしれません。
参考:失敗しないための転職エージェントの選び方【経験談あり】
参考:選ぶべき転職サイトは?ホワイト企業に転職するためのおすすめサイト

【まとめ】
いかがでしたか?
派遣といっても色々な働き方があります。
派遣は安定した雇用ではありませんので、不安はつきものです。契約更新を日々意識しながら仕事をしなければなりません。

しかし、メリットとデメリットを理解した上で活用するなら、有効的な働き方と言えるでしょう。
ランスタッド 事務・オフィスワーク派遣
“70項目以上のこだわり条件”を設定できるから本当に自分にピッタリなお仕事が見つかる!→【公式サイト】
『はたらこねっと』※20代~30代の女性が中心。オフィス系から軽作業系・医療系のお仕事など、幅広い職種の求人を掲載しています。 →【公式サイト】

未経験OKのオフィスワークがたくさん!テンプスタッフ※大手派遣会社で求人数は業界トップクラスで取引先企業も豊富です。スキルアップサポートや福利厚生が充実の業績ランキング6年連続No.1⇒テンプスタッフ

今のシゴトに飽きちゃった…そんなあなたの見方です!【IT派遣テクノウェイブ】※SE/PGなどIT系を中心に幅広い仕事に特化した独立系の人材派遣会社です。既にご活躍の方はもちろん、これからITエンジニアを目指したい方は是非登録していただき、最適なお仕事探しをお任せください

Related
最新情報をチェックしよう!